走塁のクオリティ

快勝したように見えますが、結構きびしい試合だったと思います。モスコーソは直球の切れが素晴らしかったので、変化球が生き、全く危ない場面を作らず完投しました。しかし、打線の援護は4回までなく、何回もスコアリングポジションまでランナーを進めるも得点にはならなかったのですが、走者を進めるバッティングができていたので雰囲気は悪くはありませんでした。5回にようやく二死三塁から、3番に抜擢された宮崎が落ち着きはらって鋭くミートします。好調さがわかるような、ぐっとためて打つことができてます。そして6回一死二三塁、一塁ゴロでホームをついた倉本のスリリングな走塁は彼のクレバーな面をみせてくれました。このプレイにより火の点いた打線はさらに桑原のタイムリーと続きます。その後7、9回にロペスの本塁打による追加、ダメ押しで試合を決めました。打線の方は全体的に上向きだと思います。梶谷、筒香は打ててませんが不調のようにはみえません。石川、白崎も少しずつ良い方向にいっているようです。石川はやっと引っ張ってヒットが出ています。インコースが打てるようになったのはフォームの修正ができている証拠です。白崎はフォームが若干コンパクトになったのか、スウィングを途中で止めることがてき、選球ができています。まだステップが不安定な感じがしますが、ヒットになる確率が上がってきています。試合の中で一つ気になったのは戸柱の走塁クオリティです。8回一死二塁、桑原のライトオーバーの二塁打で生還できなかったのは首をかしげました。多分、ライトがキャッチすることを見込んでタッチアップ態勢をとったのでしょうが、二死三塁と二死二塁にそんなに差があるでしょうか。それよりもこの貴重な一打を大切にするべきで、ハーフウェイで待ち、ヒット確認でホームインするという認識で良いのでは。その後の一死二三塁、梶谷のセカンドゴロでの本塁突入は良いのですが、スタートの判断が遅いと思います。ゴロゴーだという事が認識されているのでしょうか。戸柱は6回、二死二三塁の二塁走者のときもセンター前タイムリーで本塁まで帰ってこれてません。これも二死だという事の認識が疎かであったのでは。結局、三度の生還チャンスをことごとく潰していると言えます。すべて認識ミスによるものであると思うのですが。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 06:56神奈川 ☀Comment(0)野球

岩貞を崩した筒香の一打

今永、岩貞という両エースのぶつかりで点数のあまり入らない凄まじい投手戦を予想してました。しかし、得点機は序盤の2回にやってきました。突破口は筒香の強烈な一打です。筒香が狙いを定めたストレートは澄んだ音を残し、ピンポン玉のように低空飛行で右中間に向かいそのまま観客席に飛び込みました。まさか入るとは思っていない岩貞は大きなショックを覚えたことでしょう。ショックの残響を抱えたままロペス、倉本にも連打を喰らい一二塁、さらに二死一二塁で投手の今永に粘られ四球を与えてしまいます。もはや精神状態はボロボロになっていたのだと思います。トップに戻って桑原、この時点でいけるという雰囲気がありました。そして桑原の鋭く捉えた打球はタイムリーになり2点が加わりました。この日の今永は調子は良くはなかったようです。三振も4個しか取れてません。しかしそれを自覚して臨機応変に対応するピッチングは大したものです。結局危なげなく6回を1点で抑え、その後も須田、三上、山崎康のリレーで勝利をもぎ取りました。投手陣は本当に良く頑張っています。攻撃の方は10安打しながら3点しか取れない拙い攻めをしています。三塁前へのバントを二度も失敗するなど、基本に忠実なプレイができないという攻略法以前の初歩的なミスです。何も言う事はありません。打順の構成は1、2番に石川を置くのをやめたため、出塁率が上がり途切れずに中軸に繋がっています。当分は守備固めのような使われ方になるのでしょう。石川には打撃復活を期待しています。ロペスは開幕からフル出場して梶谷や筒香が欠場している間も3、5、4番と絶えず主軸を担ってくれました。少し休養が必要なのかもしれません。そろそろ白根との併用も考慮すべきでしょう。また、三塁もロマック起用の可能性がみえてきました。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村





posted by ベイ吉 at 06:56神奈川 ☁Comment(0)野球

いくつかの敗因をどう考える

惜しい試合というべきでしょうが、負ける要素はいくつかありました。1つ目はまずエラーですが、やってはならない消極的なものでした。しかも反省している態度が見られず、学習もされていません。コーチの指導力も疑われます。2つ目は二塁手、三塁手の誤っている起用。二塁手石川は守備力から外せないのでしょう。ただ1番バッターを任せるには堪えません。今は下位に置いておくか、白崎との併用も一つの方法だと思います。三塁手は物足りなさを感じます。強打者の守備位置としての選択肢でしょう。今のチーム事情ではどう考えてもロペスにやってもらうしかないでしょう。守備力、打力に問題ありません。むしろ刺激になって打撃復活に繋がる可能性もあります。それに付随して筒香、宮崎、白根などを一塁手として起用できるのがもう一つのエポックメイキングポイントになります。筒香の外野守備は一定レベルには達しています。しかし、それ以上の壁際のファインプレイなど望むべくもありません。それよりも内野に戻ってきてまずは一塁手、ゆくゆくは三塁手として活躍して欲しいと思うのです。とにかく内野の攻撃力が弱いというのを払拭しなければならないでしょう。最後に3つ目、抑え投手山崎康ですが、今年はもう厳しいかもしれません。去年に比べて150キロを超える直球がほとんど無くなり、切れもありません。それに伴ってツーシームの効き目が弱まっています。これは根本的な問題で、すぐにどうこうできるものではないでしょう。そういうことを想定して熊原の投球術がどこまで上達するか、抑えとして使えないか、もしだめなら豊富な先発投手の中から三島、高崎などを持ってくることはできないか、というような事を考えなければならないでしょう。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 07:30神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事