好調打線を崩してしまった愚行

折角のいい流れを自ら止めてしまいました。当たりの全くない石川を2番に入れたために上位と中軸とが繋がりません。現在の石川はバットが下から出ているため、インコースは窮屈になり強い打球が打てません。この状態はそう簡単には改善しないようです。多分、明日は本塁打を打った白崎を上位に上げるかもしれませんが、それも違うと思います。1、2番は活気のある乙坂、桑原、関根の内の二人を使うのが現状ではベストの選択でしょう。単純にこれまでの上がり調子の打線に筒香が4番で加わった訳ですから本当は悪くなるはずがありません。しかし、筒香の外野起用でこれまでの1、2番をバラバラにせざるを得ず、そのために当たっていない石川2番起用という不思議な打順を組んでしまいました。筒香を外野で使う意味は何なのでしょう。今日は試合を左右する手痛いエラーをしています。2本の本塁打で帳消しになるものではありません。しばらくはファーストでの起用を考えるべきです。ファーストも難しいポジションでしょうが、外野に比べればまだましです。ファースト筒香、サードロペスでも内野の守備力が極端に低下することはないでしょう。ベイスターズは今、シーズンを占う非常に大事な時期を迎えています。ようやく打線が固まってきていたのに、待望の筒香を欲するあまり、好調打線を崩してしまったのは愚行と言えるでしょう。繋がらない打線、外野守備力の低下、はっきりと今日の試合で結果が出ています。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事