いくつかの敗因をどう考える

惜しい試合というべきでしょうが、負ける要素はいくつかありました。1つ目はまずエラーですが、やってはならない消極的なものでした。しかも反省している態度が見られず、学習もされていません。コーチの指導力も疑われます。2つ目は二塁手、三塁手の誤っている起用。二塁手石川は守備力から外せないのでしょう。ただ1番バッターを任せるには堪えません。今は下位に置いておくか、白崎との併用も一つの方法だと思います。三塁手は物足りなさを感じます。強打者の守備位置としての選択肢でしょう。今のチーム事情ではどう考えてもロペスにやってもらうしかないでしょう。守備力、打力に問題ありません。むしろ刺激になって打撃復活に繋がる可能性もあります。それに付随して筒香、宮崎、白根などを一塁手として起用できるのがもう一つのエポックメイキングポイントになります。筒香の外野守備は一定レベルには達しています。しかし、それ以上の壁際のファインプレイなど望むべくもありません。それよりも内野に戻ってきてまずは一塁手、ゆくゆくは三塁手として活躍して欲しいと思うのです。とにかく内野の攻撃力が弱いというのを払拭しなければならないでしょう。最後に3つ目、抑え投手山崎康ですが、今年はもう厳しいかもしれません。去年に比べて150キロを超える直球がほとんど無くなり、切れもありません。それに伴ってツーシームの効き目が弱まっています。これは根本的な問題で、すぐにどうこうできるものではないでしょう。そういうことを想定して熊原の投球術がどこまで上達するか、抑えとして使えないか、もしだめなら豊富な先発投手の中から三島、高崎などを持ってくることはできないか、というような事を考えなければならないでしょう。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 07:30神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事