盗塁への意欲の欠如

今日も厳しい試合でした。ヤクルト先発山中の下から浮き上がってくる球を打ちあぐね、スターティングに7人並べた左打者は誰一人としてミートできません。二巡目に入りようやくひっぱってはダメだという事が分かり、おっつけるバッティングをしだし、梶谷が初ヒット、さらに筒香が四球を選び二死一二塁、右打者のロペスがセンター返しで1点を上げます。今永は今日も最高のピッチングを披露し、浮き上がる直球をズバズバ決めます。直球と分かっていても打てないパーフェクトのピッチングでした。しかし、遂に6回、一死から坂口に見事に内角高めの直球を痛打されます。これは打った打者を褒める一打でした。一死三塁で川端、さすがに好打者はうまくセンターに打ち返します。しかし、その後はきっちりと後続を退けているところは気性の強さを感じます。結局、直球の力が弱まった7回まで1点で抑えました。もう完全に勝ち星を計算のできるエースと呼べる存在になったようです。この試合のポイントの8回ですが、かなり酷い攻撃だったといえるでしょう。無死一塁で梶谷はエンドランのサインを見落としたのでしょうか。走者石川はいとも簡単に二塁でアウトです。勿論、エンドランなら梶谷に責任があるのですが、石川は自らの走力で生きようとする意気込みが感じられません。ちょっと話は異なるのですが、今年のベイスターズは盗塁成績が悪すぎます。12球団でみても圧倒的に悪く、成功16、失敗14と成功率が悪すぎます。もし梶谷の5盗塁がなければ成功率は5割を下回ってしまうのです。これは由々しき事態であり早急に対処して欲しいところです。原因はスタートの判断の悪さだと思うのですがどうでしょう。リードを出来るだけ広くとろうとする余り、けん制への余裕がなく、スタートのタイミングが遅れているような感じがするのですが。試合はロペスのスリーランで勝ちましたが、すっきりしないものを感じました。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 23:45神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事