石川と山下幸の微妙な立場

久しぶりの大勝でした。こうなった元々の原因は1回、ヤクルト先発、原が一塁カバーを怠ったことでしょう。そこから端を発し流れがベイスターズ側にやってきました。そしてこうなると一番好調なロペスに打順が巡り三塁線を破るタイムリー、確実な倉本の犠牲フライでトントンと3点入ります。一端引き寄せた流れは尾を引いて4回、ヤクルト守備にミスの連鎖反応が発生し、あっという間に6点が入ります。野球は恐ろしい。そして分かりやすい。基本を怠るとひどい目に遭うという典型です。こうして早々と勝負を決めた一戦ですが、その中にも不安要件はあります。連鎖の中に埋もれていますが見過ごせません。それは石川と山下幸の立ち位置です。彼らは宮崎、白崎と併用されるようです。石川は打順構成上、2番に使われるようですが、それだと梶谷2番構想と相反します。彼は出場当初から2番に起用され、エンドラン、バンドなど見事な繋ぎ役をこなしていました。しかし、怪我の影響かバッティングフォームが崩れ打撃不振に陥りました。長く続いているその状態は回復するまでに時間が必要なようです。酷なようですが今の彼にできることは送りバンドしかないでしょう。この試合のようにまぐれ当り的な一打はそうそう出る訳はありません。攻撃的な2番どころか打線が途切れるポイントとなるでしょう。山下幸はバッティングスタイルに疑問を感じます。フォームはどんな型でもいいのですが、フルスイングをせずに当てるだけの凡退が多すぎます。この試合でも1回二死二塁、3回二死一二塁の好機を凡退しています。その後の2打席ではタイムリーなど活躍をしていますが、大量点を取った後のどさくさ紛れとしかみえません。好投手に対したときの勝負強さを磨いて欲しいのです。彼らは右投手対戦用の二、三塁手として起用されるようですが、そういう使い方はやめるべきだと思います。二人ともファームで再調整した方が良いでしょう。現状では宮崎、白崎の方が好打の可能性が高く、調子を上げてきているようですので右投手でも使うべきです。守備固めや代走では内村や柴田の方が今は可能性を感じます。チャンスを色々な選手に与えるのは良いことですが、適当なところで見極めをつける必要もあるでしょう。そして先発メンバーはコロコロ変えることは好ましくないと思います。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 09:06神奈川 Comment(0)野球

最近の記事