この勢いを止めてはならない

混戦となってしまいましたが、本当は楽に勝てる試合ではなかったでしょうか。2回、1点を取りなおも無死一三塁、山下幸は投ゴロと最悪ですが、幸運にもバウンドが高く弾み、それを投手がミスし1点をもらいます。さらに四球などで二死満塁として石川、ショートライナーでアウトと惜しかったと思われがちですが、当てるのが精いっぱいで打球は野手の正面に行きます。結局この回は2点しか取れせんでしたが、彼らの内どちらかがヒットを打っていたら3~4点取れており、大きなダメージを与えられたことでしょう。この二人はどちらも途中で白崎、宮崎に代えられましたが、左右投手で使い分けしてもあまり良い結果は得られないと思います。やはり実際の打席での対応をみて調子の良い者を起用すべきではないでしょうか。モスコーソはいつもより直球の威力を感じるような投球がみられませんでした。どうも中日打線に恐れを抱いているためインコースへの攻めができず、カウントを悪くしたところを狙い撃ちされたようです。3回に4点を取られてしまいますが、何とか先発投手の責任を果たそうと5回まで頑張ります。この辺り、今年のベイスターズ先発投手陣の強さを垣間見ました。そして7回に同点に追いつくと須田、8回に逆転すると三上、山崎康の必勝パターンを繰り出し、それまでの勢いのあった中日打線を鎮めてしまいました。終盤の打線の粘り強さも本当に強いという事を感じさせてくれます。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 00:37神奈川 Comment(0)野球

最近の記事