出来上がってきた勝ちパターン

痺れる試合でした。先発今永は直球の切れはいつも通り素晴らしかった。序盤、チェンジアップやスライダーを打たれピンチを迎えますが直球で退けています。4回裏、筒香の2ランで先制点を取ると今永自身もテンションを上げ5、6回を完璧に抑えます。7回も2死まで抑えますが、ここで自らエラーをしてしまいます。さらに3アウトを急ぐあまり代打会沢に外角高めにコントロールミスをしてしまいライト前に痛打されます。この時点で今永は直球に自信を失っているようです。二死一三塁、代打松山には変化球で勝負しますが、これも打たれ1点を奪われます。またもや一三塁、田中には気を取り直して直球で追い込んでいきます。しかし、決め球としてはもう直球は威力が無くなっています。結局四球を与えてしまいます。ここで投手交代、マウンドに上がった須田は持ち前の伸びのあるストレートで菊池を追い込んでいきます。しかし、菊池もしぶとくファウルで逃げ、決め球の直球もわずかにコースを外れます。満塁、3-2の絶体絶命のカウントから、須田はなんとスライダー、外角へストンと決まりました。ずっと直球一本で攻めていたので効果的ではありましたが、コントロールに自信がなければできない大変度胸のいるピッチングです。7回裏に乙坂のセンターオーバーで1点を加点し、8、9回は必勝パターンの三上、山崎康が登板します。二人はいつも通りきちんと役目を果たして無失点に抑えます。これで6連勝、借金も完済しました。タイミングとしては最高の時期、交流戦を思う存分暴れ回ることができます。この試合では1、2番がまったく働いていませんが、他の選手が補って勝ちに導いています。打線は走者を進める繋ぐ野球を心掛けており、投手力を主体に守備力の高さで最少失点で抑えるというパターンが出来上がってきました。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 20:11神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事