ルーチンとは異なる継投策

先発今永はストレートの伸びがあり調子は良かったと思います。3回までは危なげなく投げていました。ところが、4回、無死からヒットで出塁を許し二死まで抑えますが、スライダーをセンターへ打たれて1点を取られます。ここまではしょうがなかったところですが、さらにストレートが三塁線を破られて二塁打にされてしまいます。この間のノックアウトされた記憶がトラウマになっているのか、マウンド上で落ち着きが無くなってきているようでした。結局、4回1/3で降板、体力的なことよりもメンタル面の修復が必要な感じです。6回ベイスターズは無死から出塁し筒香、ロペスの連続タイムリーとエラーにより3点を奪って逆転します。そして須田が登板し6回裏を抑えます。どういう訳か7回も続投しますが連打を喰らい降板。急遽三上が登板しますが、準備不足からか球に切れがなく長打を喰らい同点、さらにエラーにより逆転となります。須田が続投したのは田中に何か問題が発生したからでしょうか。この辺の継投の不手際、守備面では白崎のエラー、桑原の返球のもたつきなど、この試合は守りのミスが多発しました。4対2と逆転リードした時には勝てると思いましたが、いつもの継投策は使いませんでした。それが再逆転を許した主原因になるのでしょうが、ピンチのときに守備が浮足立って、落ち着いたプレイができなかったのも大きい事です。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


筒香が打線の中心にいる怖さ

今日も筒香の前によく出塁していました。初回、二死一二塁は四球で歩かされロペスが三振。4回、無死一塁も歩かされますが、ロペス、倉本の連打、さらに一死ニ三塁から戸柱が意表を突いて初球をスクイズ、効率よく攻めて3点を上げます。5回は二死から梶谷が外角球を上手く合わせて右中間に本塁打、久々に梶谷らしい一撃がみられました。これは黒田にとって痛かった。梶谷は7回にもインコース低めをすくい上げるように一発を放ちます。球の捉え方が良くなっているようで強振しても空振りが無くなってきました。さらに、筒香が広島の息を止めるようなダメ押し連続本塁打を放ちます。井納は調子は良かったと思います。しかし、いつもの大胆さは控えめに、細心の注意を払っていたようです。何度かピンチの場面はありましたが、冷静に要所を良く抑えています。結局、6回を投げて1点と好投をしました。7回からは田中、須田が抑えますが、その後を継いだザガースキーは酷過ぎました。こういう場面で使われている責任の重さを感じて欲しいと思います。最後は山崎康が火の点きかけた広島打線を何とか鎮めました。今のチームは筒香の破壊力が強大過ぎて、その威圧感に対戦投手が神経を使い切ってしまっているようです。その結果、他の打者への注意力が散漫になり、痛打を喰らっているようです。もはや筒香一人にかき回されていると言っても過言ではないでしょう。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 22:11神奈川 ☀Comment(0)野球

淡々と勝利を掴む

この日は気負ったところもなく、淡々と各選手が自分の役目を果たした結果が、このような勝利を呼び込んだのだと思います。1回表、桑原が粘ってライトへ流し打ち、果敢に盗塁。一死一三塁となりここで筒香。初球内角直球を振り抜いてライトへ本塁打、鮮やかに3点の先制点を上げます。3回にはロペスの2ランで効果的に追加点を上げ引き離します。4回にも2つの四球を選び二死ながら一二塁。この日は上位打線が頑張り、筒香の前に出塁しました。筒香は外角低めの球を上手くすくってバックスクリーンに運び、8-2と勝負を決する本塁打を放ちます。あとは桑原の3ランや梶谷の満塁弾などフリーバッティングのように打ちまくり最終的に19点という大量点を上げました。先発石田は威力のある直球、スライダーを低めに丹念に投げ込んで打者を翻弄します。こういう大量得点が入ったときには、どうしても手抜きをしてしまいがちです。しかし、石田はそんなことには影響されず我が道を行きます。結局7回を2点で抑えて久々の勝利を掴み取りました。こういう性格は厳しい時でも攻め切るメンタルの強さがあり勝ち星を伸ばせるタイプだと思います。チームは今日の勝ちに緩んでないで次の試合には白紙で臨んで欲しい所です。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


posted by ベイ吉 at 00:05神奈川 ☀Comment(0)野球

最近の記事