ラミレス采配にみられる迷い

本シリーズに入ってからどうもラミレス監督の采配は冴えていない。ドラフト会議での見事な単独1位指名、監督会議での工藤監督からの予告先発の実施依頼の拒否いずれも見事な対応であった。ところが、初戦の先発を井納にしたのはどうだったろうか。クライマックスシリーズ初戦の井納抜擢は大一番での強さを見込んだと言われるが違うと思う。敢えて初戦を当て馬にして2、3戦で勝つという短期戦ならではの目論見が正解したのだろうが見事な采配であった。しかし、日本シリーズに入ると単なる短期戦ではなく、ローテーション投手を使い切らなくてはならない。つまり、先発の投げる順番も重要な戦略となる。特に左右投手のバランスの取れている横浜は、投手によってオーダーを変えるソフトバンクに対して有利である。というより、こういうところに優位さを見つけないと隙の無い打線に太刀打ちできない。しかし、初戦の井納は大方の予想通りにしてしまった。ここは予想を裏切り今永などの左腕投手を起用すべきではなかったか。ソフトバンクは7、8番に左の長谷川、明石を並べた。そして痛い2ランを長谷川に浴びた。問題は2戦目の先発が左腕の今永か濱口しか選択肢が無くなってしまったことである。(ウィーランドはDHのない横浜で使われるので)そして今永が先発するのだが、ソフトバンクの打順は柳田、中村以外はすべて右打者が並んでいた。7、8、9番で一息をつく余裕もなかったのは苦しかった。これで球数は増えてしまい、6回で降板せざる得なくなった。これまで緻密なデータ解析による大胆な選手起用や、天気さえも味方につけてCSを勝ち抜いてきた。この日本シリーズでも同様の戦い方を示して欲しいが、初戦の井納起用は筋が違うと思った。そして横浜の勢いは無くなっていった。予告先発のないこのシリーズでも、左右の予想ができないような先発起用で相手打線を精神的に翻弄して欲しいのだ。次の対戦は横浜での第3戦、ここはウィーランドが先発濃厚だが敢えて外し、濱口、石田でいって欲しい。ウィーランドが行くぞと見せかけて連続左腕は予想できないだろう。野球は実力も大事だが、いかに相手の予想を外すかということも重要な要素だと思う。それと、先発捕手だがこの一連のシリーズでは嶺井に全てを任せたはずだが、ここでも腑に落ちない起用をしている。こういうところに何か気の迷いみたいなものが伺える。





励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



posted by ベイ吉 at 12:08神奈川 ☀Comment(0)野球

初戦先発は今永か濱口

今日からついに日本シリーズが始まる。ベイスターズにとっては19年ぶりであり、3位からの下克上という厳しい条件がある。しかし、失うものは何もないのだから思い切ったプレイを見せてくれればいい。ところで初戦の先発だが、大方の見方は井納ということだが、それは違うだろうと思う。この情報はラミレス監督自らが流したものである。この間のソフトバンクのファイナルステージ1、2戦、楽天はサウスポーの塩見が6イニングを1点、辛島が51/3を1点で抑えて勝っている。3、4、5戦は則本が5点、岸が2点、美馬が5点取られてすべて負けている。だからサウスポーに弱いかどうかは分からないが、横浜のサウスポーが3人という特性をうまくいかせるのではないかと思う。井納と思い込んでいるところに今永或いは濱口が来れば、彼らの切れ味の鋭いストレート、チェンジアップに翻弄されることだろう。ソフトバンクとの監督会議で工藤監督は予告先発を提唱したがラミレス監督は断った。これは先発が左右どちらでも行ける横浜に対して、ソフトバンクはスターティングメンバー特に1番、3番を変更する必要があるからだ。その点、横浜はあまり気にする必要はない。なぜならば、ソフトバンクのサウスポー先発は和田ぐらいしか気にする投手はいないからだ。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
posted by ベイ吉 at 16:03神奈川 ☔Comment(0)野球

晴れの舞台で活躍する姿を想像する

諸事情があり優勝を決めた夜は酒が飲めなかった。その分翌日は昼間から日本酒をあおっている内に、ふと我に返り日本シリーズに出場するんだということを思い出した。98年のときは38年ぶりの優勝に浮かれ、はしゃぎまわっていた。今回は優勝はしていないのに日本シリーズに出場する権利を得て、もしかすると日本一になるかもしれないということについて、あらためてこれは偉いことになったぞと急に気が張りつめてきた。なぜ、今の今まで緊張しなかったのだろうと思ったがそれは、横浜の選手の緊張感の無さに絆されたのだろうと思う。それは悪い意味で言っている訳ではない。むしろ、そのふてぶてしさは頼もしい。見た目普段とは変わらないところが錯覚を起こさせる。とても大それたことをやろうとしているようには見えないのだ。しかし、筒香をはじめとして選手たちは気持ちの中にしっかりとした信念を持っているのだろう。そしてメンタルコントロールが出来て、どんなときでも平常心を失わないようにみえる。それは日々の試合の中で鍛えられたものである。特にレギュラーを勝ち取った倉本、桑原、柴田そして嶺井らには人一倍強い気持ちが宿っているのだろうと思う。




励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
posted by ベイ吉 at 09:21神奈川 ☔Comment(0)野球

最近の記事