リフレッシュが必要なのかもしれない

初回に3点の重みを背負ってしまったのは痛すぎた。今日は飯塚と戸柱のバッテリーだったが、初回の投球には問題があったと思う。直球を京田に打たれると、すっかり直球をやめ、変化球だけで勝負にいっている。結局、ビシエド、福田に狙い撃ちされてしまった。最初に投げた直球がたまたま京田に打たれて弱気になり、取敢えずその回は投げるのをやめてしまうというパターンである。しかし、直球は生命線であり、変化球を生かすために必須のものである。2回以降は立て直しているので、尚更もう少しクレバーなリードをして欲しかった。それにしても打線が冷え込んできている。というよりもクリーンアップは調子を維持しているが、起爆剤が無いと反応しないようである。今日は下位打線に手を加えてきた。7番宮本、8番投手、9番戸柱としたが、意図は分からない。単に7番と9番を入れ替えただけだったのだろうか。しかし、何のために9番に戸柱を入れたのか全く分からない。結果、効果は見られず、逆に2回の好機を投手の飯塚に打順が回り逃している。それにしても7番起用の宮本は機能していない。大変期待していたのだが、あの2本の本塁打でバッティングに迷いが生じているのかもしれない。倉本も打撃不振でありセカンドをどうにかしなければならないが、ソトの打力に賭けてみるのも一つの手だとは思う。その際にはエスコバーを落とさざるを得ないのでリスクを伴う。同時に中継ぎ投手の誰かを上げて、内野手の一人を落とす形になるのだろう。神里も打撃はいまいちだが、悪くても選球眼があり、四球でも出塁しようとする意欲を感じる。もう少し我慢して使っても良いのではと思う。主観的には戸柱に対して不満は感じるが、嶺井とともに不可欠な戦力であり、どちらが欠けても良い結果は生まれないだろうと思う。切磋琢磨してお互いを補完するような関係に成れれば良いと思う。
これから厳しい連戦が待ち受けるが、甲子園は今のメンバーで乗り切り、横浜に帰ってきたら少しメンバーの入れ替えなどでリフレッシュして新たな気持ちで臨んで頂きたい。






励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村






posted by ベイ吉 at 19:43神奈川 ☀Comment(0)野球

試合の流れを変えた神里、三島

負けてもおかしくない勝利であった。横浜の1、2番は桑原、大和。結果が出てないから言うのではないが、桑原には期待できそうには思えない。1番打者としての責任を果たしてなく、強引にフルスイングを続けるばかりである。大和はそれなりに働いているが、大和の良さは1番が塁に出た時に発揮される。この試合も序盤から点が取れそうな雰囲気が感じられない。観戦するのがいやになる位、ときめきを感じない。初回の攻撃は極めて得点のチャンスが高いはずなのに、あっさりと1、2番が凡退してはクリーンアップもどうしようもない。その後も何度か出塁はするが、一塁に釘付けで得点の可能性はなかった。そして0-2で敗色濃厚の中、最高に盛り上がったのは8回、神里が代打で登場した時であった。打率は低いのだが何とか塁に出ようとする雰囲気がみられるのがいい。そして出塁すると敵にも味方にも影響を与えている。それは積極的な足があるから。触発されたように大和が続き、ロペスの右中間二塁打により二者がホームイン。一気に振り出しに戻った。ようやく打線にも活気が出て10回、気迫のヘッドスライディングをみせた大和の内野安打と捕逸の無死二塁で勝負はついたと言っていいだろう。余裕を持った筒香は恐ろしい。田島のスライダーをライトへ運ぶとそのままフェンスを越えてホームラン。試合を決めた。しかし、一連の攻撃の中で一番効いているのは神里の四球であったと思う。今日は中日の拙い攻撃に助けられた所もあったが、それでも良く勝ちに繋げられたものだ。投手の方では何といっても三島の頑張りは見事であった。







励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

posted by ベイ吉 at 19:01神奈川 ☀Comment(0)野球

機動力と強打の融合

いい勝ち方であった。これは後の試合に良い影響を及ぼすことだろうと思う。初回から俊足の大和が効いてロペスの三遊間ヒットで得点を上げる。先発石田は立ち上がり、高め直球を大島に上手く打たれ、少し弱気になって変化球主体になったところを痛打された。2回も連打とパスボールで無死二三塁となり、絶体絶命のピンチを迎えた。しかし、ここから踏ん張り8、9番を仕留めて二死とし大島を迎える。先の打席で直球を打たれている。しかし、石田はあえて直球だけで勝負した。しかもかなり強気に内角を攻めて一邪飛に打ち取る。このバッテリーの攻めは素晴らしかった。ここから流れが良くなり、石田は6回まで毎回三振で無失点に抑えた。相手投手の小笠原もかなり調子が良かった。特に直球の切れが素晴らしく付け込む隙を与えなかった。しかし、8回、代打神里が3-2まで粘り、外角高め直球をレフトへ合わせた。ここまで2本のヒットに抑えられていた投手に対して良く打てたものだと思う。そしてさらなる代打倉本も必死であった。神里の盗塁を助けるためにボール球を振って2ストライクに追い込まれてしまったが、そのチームプレイは評価できる。この盗塁により動揺が隠せない小笠原は、桑原に死球、大和に三遊間を破られ満塁。ここで筒香だが、ここまで3打席不甲斐ない結果であったので、どうしても打たなければならない場面であり気合が入っていた。決して甘くはない切れのある高めの直球を、見事に左中間フェンスまで運びランナーを一掃した。続くロペスもレフトへ2ランホームランとゲームを決めた。この試合は機動力と強打が融合した攻撃が見られた。今年は去年までのような好投手にぶつかると点が取れなくなることは少なくなるかもしれない。







励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

posted by ベイ吉 at 21:32神奈川 ☀Comment(0)野球

最近の記事