復活を感じさせる戸柱の活躍

前の試合の逆転負けの余韻がある中、3回の集中打などで5点を奪い有利に試合を進めた。しかし、まったく安心感は無く、先発のウィーランドはただ力投を続けた。しかし、長野の2ランで3点差に迫られ、嫌な雰囲気が漂っていた。ゲームが動いたのは7回。前の回に亀井に大飛球を打たれ、桑原の大ファインプレイで無失点に抑えているが、ウィーランドは限界に近かった。案の定、四球と二塁打で無死二三塁と攻められ、代打阿部に内角直球をライトに打ち返された。これで5-4と1点差に迫られる。ムードは完全に読売に持って行かれたが、ここからリリーフしたパットンはよくぞ勢いを止めてくれたものだ。坂本、マギー、岡本と看板打者たちを抑え切った。そしてもう一人のヒーローは7回からマスクを被っている戸柱。9回、澤村から一死満塁のチャンスを作り戸柱に打席がまわる。あっという間に2球で追い込まれながら、ここから驚異の粘りを見せる。2球続くフォークをバッティングフォームを崩しながらバットに当て、外角高めの釣り球も何とかファウルにする。そして7球目、切れの甘いフォークを右中間に打ち返しランナー3人を迎え入れる。あの頃のチャンスにすこぶる強い戸柱の復活を感じさせた。嶺井のリードが不安定な今、このまま主戦捕手を奪い取ってくれることを望む。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
posted by ベイ吉 at 00:54神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事