勝利に向けて投打が噛み合った試合

二日間、雨で試合が流れてようやく野球が出来た。このところ調子が上がっている打線と、ファームで勢いをつけて上がってきたばかりの井納投手。どうしても期待してしまうところであった。井納は期待通り、切れのある直球を軸に、フォーク、カーブ、スライダーを駆使して得点を与えなかった。右打者に対してシュートしてくる直球が内角に決まると詰まってしまっていた。それほど直球には威力があった。ただ制球が今一つであり、結果、6回二死から安全牌のナバーロを歩かせてしまい降板となる。しかし、強いメンタルを感じる投球であったことは確かである。岩貞もかなり直球に威力があり、なかなかつけ込むのは困難であった。打線は桑原の好調さが目立ち、初回、3回と出塁して岩貞にプレッシャーを与えた。3回一死、桑原が右中間二塁打で出塁し得点機を迎えた。二死後、宮崎の放った当たりは三遊間への難しいゴロ。逆シングルでは間に合わないと判断した北條は順手で取りに行く。それが災いしてグラブから逸れて外野に転がり桑原は本塁に生還した。内野安打で留めていたらどうなっていたか分からない。結果的にこの1点が決勝点となった。横浜は砂田、三上、パットン、山崎の完封リレーで何とか勝利を掴み取った。
前半最後の中日3連戦、ここは何としても3連勝で決めて欲しい。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
posted by ベイ吉 at 23:46神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事