佐野の起死回生と勢いを止めた砂田

必勝の意識を持って臨んだ試合だったと思う。先発バリオスはこの日も好投して最少失点で抑える。特に1番大島を徹底的に抑えて足を使わせなかったのは大きい。しかし、5回二死から平田を歩かせ、盗塁を警戒するあまりカウントを悪くしてビシエドまで歩かせたのは如何なものか。それだったらもっと平田に慎重になるべきであったろう。結果、アルモンテのタイムリーを呼んでいる。横浜は1、4回に宮崎、ソトの本塁打でリードを取り続けるが、3、5回のチャンスに打つべき人が打たずに引き離すことは出来ない。どうも筒香の打席を宮崎と比べると、外角の球の攻略の確実性に違いを感じる。素人の感覚だが、もう少しスクウェアに構えれば、外角を楽に打てるように思えるのだがどうだろうか。試合は5回に追いつかれ、流れが変わっていった。6回、代打荒木に喰らった2ランにより逆転されて2-4と完全に負けパターンに陥った。しかし、この逆境を佐野が覆した。7回、チャンスを併殺打で潰し、この回を諦めたところで桑原がセンター前ヒットで望みを繋げた。ここで代打佐野が初球を左中間スタンドへ打ち込んだ。まさに起死回生の一撃であった。これで勢いに乗り宮崎の二塁打、筒香四球と続き、ソトが高めのスライダーをレフト線へ叩き込み1点のリードを奪った。こうなると、リリーフ投手の質の差が勝負を決めた。8回を砂田、9回は山崎がすべて三振で仕留めてゲームセット。
一度は死にかけた試合を、佐野の一撃は蘇らせてくれた。もう一人、高く評価しなければならないのは砂田。リードした直後の回を無失点で抑えたのは大きい。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

posted by ベイ吉 at 23:56神奈川 ☁Comment(0)野球

最近の記事