プロの対応をしたロペス

久しぶりに気持ちいい勝ち方だった。中日の先発は勝野という最近出てきた気鋭の投手であった。何もわからずに初回、神里が倒れて一死後、宮崎から三連打が続き、あっという間に満塁になってしまった。そんな簡単に攻略は出来ない、三連打で点が取れていないのは怖いと思いながらロペスが打席に入る。最悪を連想しながら見守ると、ロペスも何かを感じ取ったのかもしれない。三連打はいずれも引っ張った当たりだった。当然同じようなバッティングをすると思った。しかし、真ん中高めに来た直球を右におっつけた。引っ掛けて内野ゴロ併殺のリスクを避けたのだ。ここ一番でどうするべきなのかをしっかりと理解している行動であった。打球は思った以上に伸びスタンドに飛び込むが、入らなかったとしても犠牲フライあるいは長打になるのを狙ったバッティングであった。この4点はほぼ勝敗の行方を決めた。その後も有効に加点をして完全に勝利をもぎ取ったが、中でもすべての加点に関わった柴田の活躍は無視は出来ない。いずれの当たりも素晴らしいものだし、よく粘っているところもいい。こんないい選手を使わないのはおかしい。前の試合とは打って変わって下位打線が活躍したのが打線の繋がりとなっている。
先発 東は大量点に守られたとはいえ、本来の投球を崩さずに投げ通した。やはり、低めに決まる直球には威力がある。それがあってのチェンジアップも冴えた。7回を1失点で投げ切り98球でマウンドを降りた。

交流戦前の最後の一週間。その前の阪神戦で弾みをつけての6連勝を望んでいた。しかし、三戦目の阪神戦の惨敗で気勢を削がれた格好になった。そこへ岐阜の中日戦 雨天中止は心身の回復という恵みをもたらしたのかもしれない。この連勝はさらに続く雰囲気を感じる。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



posted by ベイ吉 at 07:04神奈川 ☁野球

感じられない走塁への意識

よくぞ勝たしてくれたと思う試合であった。序盤から攻め先取点を上げるがその後が続かず、ランナーは出すものの得点には結びつかない。特に6番以降はまったく機能していない。これでは打線にならない。結局、1~5番までで野球をやっている。さらには、4人の主力打者たちの走塁への意識の低さは、ところどころに結果として表れる。4回は無死でロペスが出塁するも、大和、石川が送ることもできずにいる。9回も無死で筒香が出塁してもロペス、大和が凡退している。ほんのちょっとしたことなのだが、バントなりエンドランするときに走者の足の速さを考慮しなければならないのは苦しい。もう一つ気になったというより残念に感じたのは、11回、二死三塁で筒香がタイムリーを打つが、ライトオーバーの当たりで何故シングルに留まっているのか、二塁を奪おうとしなかったのには失望した。何かサヨナラでも打った気でいるのには腹が立った。仮に二塁でアウトになっていたとしても1点は取れているのだから、果敢に挑んで欲しかった。その意識がチームに勢いをもたらす筈である。
先発の平良は初登板にも拘らずよく頑張った。まず第一に直球に切れがあり、沈みながら曲がるシンカーとカットボールが良く効いた。ストライク先行で投げ込むと打者は早いカウントから打ちにいき凡打の山を築いた。結局6回を1点に抑える十分に期待に応える投球を見せた。初登板であったことで61球とかなり少ない投球数であったが、打たせて取る省力ピッチングは素晴らしかった。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓


posted by ベイ吉 at 07:56神奈川 ☔野球

感じられないチームの気迫

昨日の試合について論ずる内容が中々思い浮かばない。あえて思うことを論ずるならば、先発投手であった濱口は準備不足ではなかったかということである。直球はいつもと変わらなかった。しかし、一番の武器であるチェンジアップがコントロールできなかった。そういうこともあるが、一番の問題は二度の完封による驕りが油断に繋がったのではないかということだ。過大な自信により自分自身の状態を的確に判断できなかったのではないか。しかも、5月にしては異常な暑さの中での登板も集中力の維持には厳しい条件であったと思う。とにかく初心に帰って出直すことしかない。後を継いだ国吉は、突然のリリーフにも拘わらず力投した。しかし打線は集中力が足りなかった。4回の相手側のミスによる出塁もミスのお返しでものにはならず、5回の無死からの出塁も併殺打で終わるという典型的なパターンを繰り広げ、何とかしようという意気込みがみられなかった。阪神の元気な姿をみると、どう考えても勝てそうにはみえない。本当にこれが投打の好調なチームであるとは思えないほどやり返そうとする気迫を感じなかった。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓


posted by ベイ吉 at 16:01神奈川 野球

最近の記事