拙い采配の中で辛くもつかんだ勝利

最高の幕切れで勝利を掴んだ。士気も高まることだろう。しかし、そこに至るまでの采配はお粗末だと言わざるを得ない。本当に水差し野郎だと思うのだがどうしても見過すことは出来ない。前の試合の大勝から貧打になるであろうことは予想していたが、その対策は何もなかった。打線はほぼそのままで2番から5番に主力を並べる打力を頼りにした走れないものであった。結果、伊藤の本塁打と桑原の三塁打による得点のみで、単打や四死球などの出塁からスコアリングポジションに走者を送るという基本的な手法は一度もみられなかった。というよりできなかったのが正解だろう。サヨナラ目前の無死三塁で犠牲フライも上げることが出来なかったのは、日頃から力強いスウィングを心掛けているだけで臨機応変な対応策を持っていないことに他ならない。一つの策として代打石川は有効な手段ではなかったか。何とかサヨナラに持っていったが、結果オーライでは済まされないことだ。もし、11回に入っていたら崖っぷちを辛くも防いだ広島に勢いは移っていた。しかも打順は上位打線からであったし、横浜は下位打線に移っていたことで敗戦も考えられた。
投手陣はこの状況の中でよく頑張っている。先発平良から国吉まで6人の投手が全力で繋ぎ、誰一人失敗していない。昔のことを思えばすごい進歩だ。継投すれば必ずどこかで綻びが見られるのが常識であった時代から、今は事も無げに無失点で抑える能力がある。そんな投手陣を有して優勝出来ないことが許されるだろうか。
とにかく打線の入れ替えは必然だ。1、2番に俊足打者を並べる。これは最低限のことだが、それだけでも攻撃の質は大きく変わる。乙坂、桑原、楠本の現在の実力を高く評価すべきで、彼らの能力を駆使すべきである。代打でも代走でも機会があれば惜しまずに使うべきだ。8回、一死でソトが四球で出塁したときもチャンスだった。しかし、何も手を打たずに無得点に終わった。接戦のときにソトの打力はあまり役には立つとは思えない。1点取れば勝てる状況では機動力がものを言うのは誰でもわかるはずだ。
こうして文章を書いていると知らず知らずのうちに腹が立ってくる。その原因は一重にラミレス采配に他ならない。好意的に考えてもどうしても妥協することは出来ない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 09:27神奈川 ☔野球

気持ち悪い勝利

主力打者が打ちまくったワンサイドゲームに水を差す気はないが、どうしても言いたくなってしまう。結局、前半の6点まではすべて本塁打によるものであり、その間に繰り広げられた無死二三塁や一死二塁のチャンスはまっとうな攻撃が出来ずにみすみす逃している。こういう所をしっかり取らないと勝てる試合を落とすことになる。そして主力のド派手な一発により、いい働きをしていた楠本は影を薄くしてしまった。そして最後まで出場が許されず、守備固めと称して早々と6回に降ろされてしまった。こういうところの起用の基準がどう考えてもおかしい。調子の良かった楠本はその俊足がゆえに試合の流れを考えれば外せない選手だったはずだ。しかし、性懲りもなく2番にソトを起用し、おまけに3番にロペスを入れて本塁打以外では得点しにくい打線を形成する監督だ。期待するだけ無駄なことである。交流戦で善戦したのは主力が打てない中、2番に入れた乙坂あるいは桑原などの上位と、下位が良く働いたからであった。その貢献を無視して、このようなただ打つだけの短絡的な打線を組んでしまうのはどうなのかと思う。試合の後半、打線が粘りいい感じで得点を上げているが、敗戦処理的な投手相手では当然のことである。前半の必要な時に取れなければ意味はない。休み明け、疲れが取れて元気になり打ち出すだろうとは予測できたが、だからといってこの調子を維持していくとはどうしても思えない。むしろ、うって変わって貧打を呈する可能性の方が高い。しかし、味を占めたラミレスは当然、この布陣で突き進むだろう。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 23:58神奈川 ☁野球

今一つ押しの弱い攻撃

勝利したがあまり納得はしていない。なぜ、打線をいじくる必要がある。2番俊足外野手がこれまでの打線の好調を演出してきた。この日の初回の無死二塁は主力の強行により無得点に終わった。いくら主力に圧倒的な打力があっても、点の取れる状況を作り上げる必要があるだろう。一死三塁で外野フライでもいいという心のゆとりを打者に与え、投手にプレッシャーをかけるという基本を忘れてはならない。こういうことを思い続けているが、ラミレスの思考とは合致することはないだろう。この日は決勝打を投手が打っている。それはチームに大きな影響を与える一打であった。そしてソトが本塁打でダメ押し点を上げた。結局この3点がすべてだ。本当にこれだけで満足していいのか。いろいろ手を尽くした上であれば納得するが、決してそうだとは言えない。少なくとも無死で出塁した内の三度は拙い攻撃でチャンスを潰している。これらの中の一度だけでも上手くいっていれば、もっと楽に勝利することができた。確かに、この日はリリーフ陣に中一日の休養があり好投する可能性は高かったが、いつもそうとは限らない。そして筒香の処遇だが常識的にみれば、二軍調整が妥当だろう。もう、筒香の力で勝った試合は覚えていないほど、長い間酷い状態が続いている。これではベンチに置いていても役には立たないし貴重な枠が勿体ない。ファームで頭角を現している細川などに与えるべきだ。
休み明け早々に横浜は広島と対戦する。交流戦で散々だったチームが勢いを取り戻すのか、それともどん底に突き落とすことができるのか正念場の戦いが待っている。そのためにも横浜はずるずると筒香に未練を残さずに、きっぱりと走力を意識した打線に組み変えて臨んで欲しい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 09:27神奈川 ☔野球

最近の記事