現実的な来年の打線

先日、プロテクトリストから近い将来を見据えた横浜の未来像のようなものを書いたが、来年の横浜はどうすべきかについて記述する。もう、すでに述べたが、筒香の脱退、ロペスの足腰の衰えは避けられない現実である。ロペスの打撃自体はまだ輝きを放っているが、守備、走塁に関してはどうしようもない。したがって、来シーズンも契約したとしてもフル出場を望んで欲しくない。ある程度の見切りをつけることも必要ではないかと思う。つまり、代打に徹してもらうこともあり得ることだと思う。そしてこの機会に守備力、走力を重視する機動力野球に軸足を移し、弱点だったソトを一塁にまわし、二遊間を柴田、大和、場合によっては知野や森を起用し、外野を走力のある梶谷、神里、乙坂、桑原、細川で固めることが最適だと思う。こういう話はこれまでに何度もしてきたが、これは妄言ではなく本当に望んでいることだ。もう、ひと頃のロペス、筒香、宮崎の揃い踏みをみることは出来ない。時の流れは容赦なく大切なものを奪い取るのだ。良かった思い出に固執していれば何も進化しない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 08:03神奈川 ☀野球

プロテクトリストから想定される将来を見据えた打線

昨日発表されたFAに対するプロテクトリストだが、ある意味将来の横浜の姿を投影している。試しに該当する野手で打線を組んでみた。条件は3~4年先を想定して、梶谷、宮崎、大和、伊藤光は外している。それと、ソト、ロペスも戦力とは考えていない。当然、新しく入る外国人選手は想定していない。それでも、面白いようにきれいに嵌ってしまい純日本人だけのジグザグ打線が出来上がった。

(左)1.森   ショート 
(右)2.知野    セカンド  
(左)3.神里  センター  
(右)4.細川  ライト     
(左)5.佐野  ファースト
(右)6.伊藤裕 サード
(左)7.乙坂  レフト
(右)8.山本  キャッチャー

1、2、3、4番は俊足で盗塁が出来る打者を並べてある。4番の細川まで走れることで機動力がチームの売りとなるだろう。3、4、5、6番は当然、長打力がある打者である。神里、細川は機動力、長打力も兼ね備えた打者と認識している。7、8番も見劣りのしない打者が揃うことになろう。それと守備を考えれば、かなりのレベルの高さを窺える陣形となる。守備力があるとは言い難い佐野、伊藤裕は比較的影響の少ない一塁、三塁に配することができる。結果としてプロテクトリストの内、レギュラーを外した選手は柴田と益子だけであった。柴田を外す理由は機動力の無さである。もっと盗塁技術を上げないと今のままでは無理だろうと思う。益子はまだ実績がないだけでレギュラーを掴む可能性は十分ある。
こうしてみると必ずしも悲観するような打線になるとは思えず、むしろ外国人選手を加える必要もないほど面白いものになる。ただし、リストから漏れたといっても、桑原、楠本らは高い可能性を持った選手であり、是非ともレギュラーを勝ち取って欲しい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 18:31神奈川 ☁野球

色んなことを考えさせるプロテクトリストの発表

プロテクトリストが発表された。これをみればこれからのチームの方向性が多少なりとも伺える。この中で驚いたのが外野部門で桑原、楠本が外されていることだ。確かに今は準レギュラー扱いになっているが、高い可能性を持っている選手たちだ。活躍すべきときに出来ないとこういう目に合ってしまうのだというプロの厳しさを感じるが、一念発起して来年だめならやめる覚悟で挑んで欲しい。内野部門は倉本、山下など妥当な人選だと言える。ここは補強すべき最優先部門となるほど彼らが活躍できる余地はあったはずだった。しかし、チャンスに応えられなかったのだから仕方ないだろう。そして驚いてはいないが、残念だと思うのは捕手部門で嶺井、戸柱が外れたことだ。レギュラーではなくなったが、投手の特徴を知っている捕手を失ってもいいと判断されたのは悲しい。数年前まではレギュラーの座を競い合っていた二人だが、完全にその地位を伊藤光に奪われた。二人ともレギュラーになるチャンスはあった。嶺井は2015年に黒羽根から主戦を奪い取りチームの快進撃に貢献した。しかし、危険球事件により中畑監督からその座を奪われ、チームは急カーブを描いて下降していった。戸柱は2016年のルーキーから主戦捕手として使われたが、翌年、弱気のリードが災いして地位を失った。二人とも頑張ればレギュラーになっていたはずだ。それが未だに欠点を補いきれないでいるのだから仕方がないだろう。投手では砂田、阪口、中川虎、齋藤といったところが外されている。砂田は去年の酷使が影響しているのでかわいそうだと思うが、まだ若いので来年の復活を期待する。若手の三人はまだ絶対的に必要な人材にはなっていないということだ。
プロテクトにかかった選手で意外に思ったのはファームの選手。捕手では益子、山本。二人とも強肩という素材の良さが将来を嘱望されているのだろうか。内野手では知野。俊足が売りの内野手だがこの手の選手が順調に伸びてくれることを期待する。来年、入団予定の森と合わせて近い将来の横浜の二遊間を支え、1、2番を背負って立つ存在になって欲しいものだ。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 19:29神奈川 ☁野球

最近の記事