守りの大切さがしみじみと身に染みた勝利

試合序盤からエラーや凡ミスやら腹の立つようなプレイを見せられた。中井の起用は左のメルセデスに対する対策だろうが、まるで素人のような守備はあまりにも大きい代償だった。幸い大貫の踏ん張りで凌ぐことはできているが、それによる消耗は少なからずあったはずだ。中井は1本ヒットを打ったが大した働きもないまま、6回の守備から柴田に代わったのは当然のことだ。宮崎も4回にエラーまがいのプレイを見せているし、この日の内野は安定感に欠けていた。大貫が先発のときは内野ゴロが多くなるのだから内野は固めなければならないはずなのに柴田も大和も先発で起用しなかったのは疑問である。こんな調子でいつかは守備の破綻から負けるパターンとなるだろうと予想していた。そして6回二死から今度はセンター梶谷が打球の処理をミスして三塁にランナーを進めてしまった。この嫌な雰囲気の中では、吉川尚の内野安打は出るべくして出たといえる。しかし、柴田もセンターに抜けそうな当たりを止め、よく一塁に投げたと思う。柴田を起用して守備を固めたこの辺りから様相は変化してきたのかもしれない。7回表、簡単に二死を取られたが、ロペスのレフト前、宮崎の四球で一二塁。ここで戸柱だがまるでメルセデスには合っていない。右投手に代わるなら戸柱はそのままだったのだろうが、メルセデス続投でベンチが動いた。多少ベンチに迷いがあったのは、一旦は戸柱がコールを受けていることから推察される。そして嶺井が新たにコール受けて打席に立ち、1-1からの三球目内角ストレートを見事にレフト前に打ち返した。さらに倉本は二球目の内角スライダーを右中間に勝ち越しタイムリーを決めた。しかし前半の守備の不手際を考えれば、まだまだ僅差を守り抜けるとは思えなかった。7回には大貫を継いで山崎が投げたが、二死一二塁にしたところで非情にも交代しエスコバーで抑えた。8回にはパットンがヒットを打たれ代走増田となったところで一死も取れずに石田に交代。その石田がいきなりヒットを打たれ無死一三塁となった時にはもう絶体絶命だった。しかし石田は落ち着いていた。まずは中島をチェンジアップで三振にする。そして陽の打席の時ダブルスティールが勃発するが、捕手嶺井-セカンド柴田-ファーストロペスー倉本からのバックホームで増田をアウトにする。やはり守備が堅いと観ていてスカッとする。もし、戸柱-中井だったらどうなっていたか。思いがけず守備力で危機を乗り切ったのは意外であった。良い流れになってきた横浜は案の定、9回に宮崎の2ランで引き離し勝利をものにした。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

posted by ベイ吉 at 00:16神奈川 ☁野球

無策の采配の中で光る捕手高城

昨夜のヒーローは間違いなく捕手高城だろう。勝負を決めた2ランはもとより、守備の方では先発濱口、平田、山崎、パットン、三島それぞれの投手の良さを引き出すリードをした。傷心の身である山崎は格下げられたが、不貞腐れずにしっかりと自分の役目を果たした。パットンも四球と代走増田のプレッシャーに惑わされずに連続三振でけりをつけた。前々から選手起用に不信感を抱いているが、捕手の起用についても不満を持っている。実力主義のこの世界で、特定の選手が優遇されていることの理不尽さを感じている。どう考えても高城の実力は過小評価されていると思う。リードもだがバッティングでも今の一軍ではベストだと思う。したがって主戦捕手とすれば打線としての繋がりも生まれるはずである。そもそも実力は最も高い伊藤光に対する処遇はどう考えてもおかしい。これを一監督がかってに決断したとするならば、編成の意志で獲得した経緯を考えれば完全にチームの方向性に反していることになる。こういう監督に指揮を取らせることがいつまでもまかり通るはずはない。
昨夜は勝てたがこれから先、勝ち続けられるとは接戦をことごとく落としている実績からあり得ないだろう。その原因は1点を取るための手段を怠るという舐めたことをしているからである。攻めの野球は否定はしないが、最低限のことをやらなければ接戦をものにすることはできない。選手の中にもそのやり方に不信感を募らせている者がいてもおかしくはない。そんな中で強権を発動してチームを支配することができるラミレスは、いかに強い意志を持っていることだろう。あるいはいかに面の皮が厚いのだろう。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 07:54神奈川 ☁野球

歴然たる横浜と読売の違い

このところ鼻について仕方ないのはラミレスのギャンブル野球。試合の中盤ぐらいまではお気に入りの打つだけ打線と投手力でいい勝負をするが、終盤には投手の消耗に伴って弱い守備力が露見し致命的な失点をする。昨夜は打線が殆ど機能せずに、単発で上げた得点と井納の力で中盤までは均衡を保っていた。本来なら1、3、6回のチャンスに6番宮崎が何とかしてれば有利に試合を進められたであろう。こういう場面に強い打者が何もできなかったのは痛い。邪推になるかもしれないが、次打者戸柱が頼りにならないと思えば繋ぐバッティングは出来ない。そして終盤を迎えやはり守備に破綻が生じた。7回裏一死一塁でのワイルドピッチは上手い捕手なら捕れていた。しかも足の遅さと油断から一気に三塁にまで行かれた。どうも戸柱は集中力が終盤に途切れるようである。このときは石田の奮闘で無失点に抑えたが、その代わり消耗してしまった。もし、騒動が起きなければ続投もあり得た。したがって8回はエスコバーが登板した。無死で出塁した亀井に代わる代走増田は一死から当然の如く盗塁を決めた。ここでも戸柱の捕手としての能力に疑問を感じる。盗塁阻止力の低さとリードだ。丸に対して1-2と追い込んでの勝負球に一番の武器であるストレートでなくスライダーを選択した。裏をかいたつもりだったのか、もう一球外すつもりだったのか分からないが、1-2で勝負して良いはずだし、打ち取れる確率の高いストレートを投げさせるべきである。
横浜と読売の違いは歴然としている。この違いは的確な選手起用と緻密さである。これでは勝てる訳がない。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
posted by ベイ吉 at 08:12神奈川 ☔野球

最近の記事