阪神に勝ち越せないことがはっきり分かる試合

昨日の大勝が嘘のように点の取れない敗戦だ。かなり調子の良かった平良のピッチングを見殺しにしてしまった。ある程度は予測できたのだが、余韻をそのまま引きずってしまった訳である。さらに、各打者に欲を出させたのが梶谷の先頭打者ホーマーであった。これで我も我もと欲望剥き出しにしてしまった。逆に梶谷は一本打てたので欲望は満たされ、次打席からは打率稼ぎに矛先を変えた。今日一番の良いところは2番に抜擢された宮崎との絡みであった。3回は二死から梶谷が押っ付けるバッティングで出塁すると、宮崎は打ちたい気持ちを抑えて四球を選んだ。5回には一死からまたもや梶谷が流し打ちで出塁すると、宮崎とでエンドランがかかった。ランナーに気を取られたショートはボテボテゴロの処理に遅れ内野安打としてしまった。これはエンドランのメリットだったろう。宮崎が2番に入ると状況に応じたバッティングができるから、これからも宮崎2番は続けるべきだろう。このようにお膳立てはするものの、後の打者が繋げられなかった。それにしても各打者は大振りが目立ち、ことごとくチャンスを潰した。いい当たりはするもののスタンドまでは届かず、阪神の堅い外野の守りに阻まれた。いい当たりが出るものだからそのうち打てると勘違いし、最後まで勝つためのバッティングは出来なかった。そしてこの日も阪神の素晴らしい機動力野球は機能し、効果的に得点を上げた。阪神の強さは良い投手にあたっても、少ないチャンスから機動力を絡めて得点するシチュエーションを作り上げることができることである。だから、打線の出来不出来に左右されずに一定の勝率を維持できるのである。横浜はまったく正反対で打線が活発でないと勝てないし、活発な時でも今日みたいな無策により取りこぼしてしまうのだろう。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

posted by ベイ吉 at 23:02神奈川 ☀野球

最近の記事