戸柱を補完する捕手の必要性

今日から交流戦です。よくぞここまで借金を返済してくれたものです。これで新たな気持ちで戦える準備ができました。しかし、心配なのは開幕からずっとチームを支えてきた戸柱、今のような変わり目の時期、怪我に注意しなければなりませんが、何が起こるか分かりません。首脳陣も不測の事態を見越して代替え要員を備えて頂きたい。ファームに十分な候補者はいますが、実戦慣れしていません。当然の事ですが捕手は適応するまでに時間を要します。ですから今のうちに高城が山口専用で起用されているように、嶺井や黒羽根らも一軍の実戦に慣れさせて、各投手の特徴を把握させるべきでしょう。ご存知のように去年、交流戦に入る直前、阪神戦で山崎康が上本へ頭部危険球を投げたことにより、それまでの主戦捕手だった嶺井は当事者責任、あるいはメンタルケアのためファームに落ちます。その後の主戦捕手高城は、事故の影響を受け、外角一辺倒の非常に弱気なリードをしてしまい散々に打ちこまれます。嶺井が戻っても強気のリードはできず、そこから交流戦終了までに貯金11をすべて使い果たしてしまいます。一度下がったチームの勢いは元に戻せず結局、公式戦最下位になる道筋を辿ることになります。今年はインコースを多用する攻めのリードが基本方針であるため、いつでも頭部危険球を投げてしまう事は起こり得ることです。去年のような捕手責任は問われないでしょうが、メンタルの強い捕手は必要となります。したがって主戦捕手戸柱を補完する捕手が必要だと感じます。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

  • エース平松

    初めてコメントします。論旨は理解できますし、その通りでしょう。しかし、その「補完」の候補は果たして「十分」なのでしょうか?高城、嶺井らは昨年仰るとおり、ピッチャーを助けられませんでした。黒羽根が残っていますが、キャッチングの難点は解消されていません。
     首脳陣とて分かっているでしょう。ですが、「補完」のために明らかに力の劣る捕手を起用する余裕は今の我が軍にはないでしょう。だからと言って、何もしないわけにはいきませんね。差し当たり、高城、あれでも多少はましになってます。彼を山口俊専用ではなく、もう少し使えるようにするくらいでしょうか。まあ、戸柱のおかげでずいぶん贅沢な悩みができるようになったものですね。
    2016年05月31日 10:07

最近の記事