負けられない飯塚に初勝利を導いた嶺井

今日の飯塚は直球のスピードは140km/h位でそれほど良くはなかった。しかし、嶺井との初のバッテリーを組んだことで期待を持って見ていた。飯塚はフォークの変化が独特で分かっていてもなかなか打ちづらそうであった。嶺井はストライク先行で無駄な球を要求しなかった。勿論、打者は振ってくるのだが、上手くタイミングを外され、なかなかジャストミートは出来ないようであった。結果として打たせて取るピッチングになり、内野ゴロ10を積み上げた。6回途中で力尽き降板となったが、1点で抑える見事な働きだった。それを支えた嶺井の働きも良かった。ついでだが、飯塚は戸柱と組んで5回先発をしたが、なかなかうまくいかなかった。が、今回初めて嶺井と組んだらこの結果である。
今日の試合は思っていた通りに事が運び、余裕をもって観戦することが出来た。3回、ロペス、宮崎の連続長打タイムリー、5回、またもやロペスの2ランでの追加点、9回、嶺井のダメ押しタイムリーと理想的な攻撃と小刻みな中継ぎで山崎に持っていき完璧に試合を終わらせた。こういう勝ち方をしていると相手チームに戦意を失わせる効果が大きい。明日は今永先発で前回の失敗を取り返すための大事な登板となる。勝ちたかったら嶺井とのバッテリーが不可欠である。この機に及んで戸柱の先発マスクはないと思うが、もしあれば負ける公算が高い。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事