山井の激投に翻弄されたベイスターズ

今日は山井が良すぎた。緩めの直球とフォークの見極めが難しく、さらに時折来る速球で翻弄されてしまった。一方の今永も好投した。切れの良い直球とチェンジアップが決まり、5回を2点と十分及第点を付けられるピッチングだった。しかし、2点差は今日の山井では追いつくのが困難な点差であった。したがって6回、早くも今永を諦め代打攻勢を仕掛ける。これは仕方ない選択であったと思う。何とか二死一二塁まで攻め、石川は3-2まで粘るが最後内角低めへのスライダーを引っ掛け内野ゴロに倒れる。ところが7回、筒香がこれまで打てなかったスライダーを上手くおっつけて左中間スタンドに運ぶ。筒香ならではのさすがの一発で1点差となり山井を引きずり下ろした。この時点で逆転は十分あり得ると信じた。ところがどっこい、6回から登板して回跨ぎの尾仲の調子が急降下、勝負球のカットボールが決まらずランナーを貯めてしまった。なんとかカットボールで藤井を一ゴロにとるが悪送球で1点。リリーフした田中健は奮闘して連続三振で二死まで取るが、ワイルドピッチで1点。致命的なエラーが出てしまった。尾仲は2点差で6回に登板し良く抑えたが、1点差になると途端にコントロールを失った。この辺メンタルの弱さなのかもしれない。8回に梶谷のソロホーマーで2点差にすり寄るが、9回に出てきた田島がこれまた気迫のこもったピッチングをみせゲームセット。
結局、山井のピッチングに苦戦を強いられたのが負けの原因であり、いつものベイスターズらしさがみられなかった。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事