三島の奮投を台無しにした采配

今日は期待していた飯塚が残念なピッチングでがっかりしてしまった。立ち上がり直球に威力が無く、得意のフォークを駆使して何とかかわそうとしていた。結果として1回で6失点、しかし本来は1点で済んでいたものが不運なヒット、否、これは実質宮崎の失策である。この手の照明によるヒットは初めてではなく、何回か見かけている。不運というのは普段起こり得ないことが、身に降りかかることである。これはもう何度か起こっているのだから偶然ではなく、必然である。したがって何故対策を取らないのか、職務怠慢としか言いようがない。飯塚にとっては何とか初回を1点で終えて、対策を立てるための大切な一つのアウトであった。だからといって、その後に連打を喰らったのは彼自身の責任である。今日のピッチング内容はこれまでで最低であっただろう。2回から4回までの3イニングは三島が登板し本来の小気味の良いピッチングを見せてくれた。先発をしていた時の三島を彷彿させるような好投に応えるように打線も頑張り、4回までに2点差と追い上げた。さあこれからだと思った矢先、三島を降ろしてしまった。バッテリーを組んでいた嶺井諸共だ。この交代は理解に苦しむ。まだ4回、中継ぎ陣を投入するには早く、もう1回を任せてよかったのではないか。次の回は投手からの打順でもある。結果的にこの交代が裏目に出てしまったようだ。砂田に無理をさせて回跨ぎしたことが広島打線の標的にされた。6回に6点取られて試合の大勢は決まってしまった。
先発の飯塚を1回で見切りをつけたことはやむを得なかっただろう。しかし、継いだ三島の投球回数が前もって決められていたとすれば間違っていると思う。三島は投げてみなければ分からない投手である。だからまったく使えないときもあるが、反面、良いときは手が付けられないぐらい素晴らしい。そういうときには出来るだけ長く投げさせるべきである。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事