大味な野球に陥る危険性を感じる一戦

今日は久々に主軸の力を見せつけた。まずは初回、二死一三塁に宮崎が右中間二塁打を飛ばし2点、7回には、一死二三塁で筒香がセンターオーバー二塁打により2点と、それぞれの破壊的な長打により一挙に4点を奪い取り、勝負の行方にけりをつけた。その他にも、5回、倉本の二塁打をもとに犠牲フライによる効率の良い1点などもあるが、主軸の圧倒的な破壊力の前にはかすんでしまう。先発京山は強い腕の振りから生み出される回転の強い直球と、チェンジアップの絶妙な対比により、安定したピッチングを見せつけた。6回途中、アルモンテに一発を喰らい98球で降板したが、十分すぎるほどの働きをしている。6回を継いだ三上、7回の井納は本来の威力を示し危なげなく抑えた。6-1のスコアになり8,9回は砂田、須田にリリーフを任せ、パットン、山崎を温存できたことは大きい。このような試合展開になると投手起用に余裕ができる。しかしここに落とし穴があるような気がする。それは一度こういう気持ち良い勝ち方をしてしまうとそれが癖になることだ。クリーンアップに頼るようになると去年と変わらない。この8連勝、最初から6勝まではスモールベースボールが主体で勝ってきた。昨日と今日の2試合から勝ち方が変わった。もちろん、たまたまそうなったことだが、選手の意識に機動力が薄れ、打撃力の意識が強くなると危ないと思う。ホームランや長打などそうそう打てるものではない。そういう幻想は捨てて足を使った地道な野球をするべきなのだ。足にスランプはないのだから。ところで楠本は残念であった。あのボーンヘッドには理由があると思う。2-0で迎えた5回、無死から塁に出て盗塁を狙っていた。そこへ嶺井が待球することもなく、初球をあっさりと打ってしまった。戸惑っているところに、平田のトリッキーな送球がきたというところだろう。油断したのは間違いないが、ファームに落とすほどのことではないと思う。士気にかかわるというがそれほど大げさなことではない。楠本のシュアな打撃と足は大きな戦力になるだろうと思っていた。今年の横浜の野球を進めるために必要なピースであると思う。代わりに上がってきた関根にもファームで培った打撃力を発揮し、特徴である機動性を生かしてもらいたい。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事