掴んだチャンスで実力発揮の山下幸輝

7回の楽天ペゲーロに対する高城のプレイは油断以外の何物でもない。セカンドゴロを内野安打にしているペゲーロの足は注意すべきだということが分かっている。それにもかかわらず盗塁を警戒せず、ディレイドスチールを許している。二塁送球をすぐすれば問題なかったものを持ち過ぎて送球が遅れた。この軽率なプレイが岡島のタイムリーに繋がり、さらに勢いに乗った田中の本塁打による逆転への流れを作り出した。
このまま、普通なら敗戦となるはずだがこの日は違った。9回はこの試合、逆転の働きを見せている神里からの打順であり、否応なしの期待感が高まった。神里はファウルで粘ったが11球目、意表を突くチェンジアップで見逃し三振。宮崎もあえなくサードゴロ。6回に打たれたこの二者を打ち取ったことで、バッテリーには多少の油断が生じたのかもしれない。筒香には3-1から神里を三振に取ったチェンジアップを投げた。決して簡単な球ではなかったが筒香の方が一枚上だった。打球は切れずにライトスタンドに飛び込んだ。素人の意見だが、筒香の内角打ちは格段にうまくなっていると思う。これで一度は失いかけた試合を引き戻した。
延長に入り10回裏、すでに二死を取られ代打桑原。積極的にファーストストライクを打ちにいき、ライトオーバーの二塁打。この積極性こそが桑原の持ち味であり、これからの活躍を予感させる。
そしてこの日一軍登録されたばかりの山下。ファームでは十分な活躍をしていたが、なかなか上でチャンスを生かせなかった。正直、私も去年まではあまり好きではなかった。それは走攻守どれをとっても秀でているものが無く、バッティングフォームが奇をてらっているようにみえたからだ。しかし、今年は着実に伸びてきているのを感じていた。そしてこの日、9回の二塁守備から起用されて、10回二死二塁のチャンスが回ってきた。普通ならこの厳しい場面で緊張のあまり凡退するだろう。しかし、山下は違った。1-1からの3球目外角チェンジアップを上手くライトへ運んでサヨナラタイムリー。これは単純に運だけではなく、実力があったからこそ掴めたものだと思う。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事