起爆剤としての乙坂の活躍と、エラーの呪いを解いての勝利

まさかのサヨナラ勝ちであった。昨日の流れからどう見ても勝てそうな試合ではなかった。打線は上向いているとは思っていたが、エラーで負けた余韻が渦巻いていて、その呪いが解けないまま中盤まで経過していた。昨日のエラーの当事者である柴田、神里やエラーに等しい守備の宮崎はやはり元気が無く、それまで凡退を繰り返していた。1-4のまま終盤を迎え敗色濃厚であった。ところがここから一気に流れが変わる。その起爆剤は乙坂。8回に代打で登場してクリーンヒットをセンターに放つ。これが引き金になり、それまでおとなしくしていた柴田、神里が打つ。柴田は追い込まれながら外角球を三塁線に流す。神里はスライダーを完璧にライトスタンドへ放り込む。これで同点。さらに宮崎も三遊間へ執念の内野安打で出塁して、昨日のエラーの呪いは三人とも解いてしまった。9回、これまたエラーの当事者の一人である山崎が登板し一死満塁の大ピンチを迎えるが、菊池、丸をツーシームの連投で抑え込む。9回裏、代打からライトに入っていた乙坂に打席が廻り、四球を選び出塁する。以前にも述べたが、乙坂は極端なダウンスイングから少しレベルスイングよりに変わったように感じた。それによって空振りが減り、球をよく見れるようである。柴田が送り神里は敬遠される。そして代打に佐野が起用される。佐野は前の試合に代打で起用されライトへヒットを打っている。タイミングの取り方が良くなっていて、ちょっと外されると対応出来ない感じだったのが直っているように思った。そしてこの打席、初球チェンジアップをライト線に運んでサヨナラゲームセット。
この試合は色々なものを含んでいて大変、感慨深い勝利であった。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事