旬なバッターを使い切れない采配

薄氷を踏むようにして得た勝利であった。先発の東はコントロールが不安定で、再三ランナーを出しながら直球の威力で崩れそうなのを留まった。対照的に野村は安定感があり、どうみてもこちらに軍配が上がる気配であった。打線の方は繋がりが無かった。昨夜活躍した神里、柴田などまるで働かず、乙坂や佐野は起用さえなかった。結局、6回、三塁線二塁打で出塁した宮崎を置いて、筒香のライトオーバー本塁打による2点しか得点できなかった。7回以降を三島、パットン、山崎が力投で抑えたことで僅差の勝利をものにした。
試合内容は圧倒的に広島が押していた。しかし、広島らしくない拙い攻撃に助けられたと言えるだろう。横浜は1点のビハインドを返すためにもっと攻撃的に動いても良かったと思う。ロペスが5回で退いて桑原が後に入っているが、まだ守備を考えるのは早いのではないだろうか。6回の筒香の2ランの後、追加点を取るためには、桑原、倉本を代えてでも乙坂、佐野を使って欲しかった。流れは横浜に傾いていたのだから貪欲に攻勢をかけるべきだろう。まだまだ、ラミレス監督の選手起用には甘さが見られるように思う。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事