明らかな配球ミスによる敗戦

昨夜の敗戦はショックが大きかった。そのために一時思考する気が無くなった。理想的な点の取り方で4-2とし、後は7回からの3イニングを抑えればよい。試合の流れは横浜にあり、どう考えても勝ちパターンであった。問題の7回だが、この回から三島に代わりマギー、岡本と打ち取り二死、簡単に終わるものだと思った。しかし、亀井を歩かせ長野にヒットを打たれて交代。ここで気付いたことは、直球が少なくスライダーばかり配球していることである。左対左の優位性を求めて田中健にスウィッチする。この辺の采配は如何なものか。田中健は目的を果たせずに大城を歩かせるが、ここでもスライダーを多投している。そして万全を期して三上を起用する。陽に対しても得意のスライダーで攻めるがなぜ直球を混ぜないのか。結果、スライダーを合わされ右中間に二塁打を打たれる。代打宇佐美には一転、直球を外角高めに連投してまたしてもセンターへ二塁打を打たれる。これで4点を献上することになる。明らかに、三島、田中健、三上のピッチングにおいて配球が偏っている。特に直球の割合が極端に少なく、スライダーが多い。なぜ、こういうおかしなリードをしてしまったのか。嶺井はリードが優れていて、戸柱に代わって主軸の捕手を務めてきた。主観的にも彼の貢献度の高さを認めてきた。しかし、怪我による欠場後の復帰辺りからリードが変わってしまったように感じる。それまでの打者との駆け引きに長けたリードは影を潜め、投手の得意球ばかりの配球になっている。もう一度自分を見つめ直さなければ、起用機会を失うだろう。



励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事