起爆剤になる選手が必要

悔しさも感じない情けない敗戦である。一時はリードを奪うが、山田はウィーランドの決め球の直球を難なくセンターバックスクリーンに持っていった。その後は勢いをつけたヤクルト打線を止めることは出来なかった。横浜はそこそこ打つものの繋がりのある打線ではなく、原樹里のシュートに翻弄された。この日のような打線では打力で勝つことは難しい。梶谷が負傷して攻撃的布陣を辞めてしまうのか。柴田を2番に上げ、ソトを6番に下げて打線の平均化を図っているが、ただ、強さが薄まるだけで、全体的な非力さは解消されていない。起爆剤になる選手が必要だと思うが、そこに考えは及ばず現有選手で賄おうとしている。ファームから希望を持って上がってくるが、結果を出さずに落ちていく選手は多い。この辺りは選手の見極めの拙さが原因となっているのかもしれない。主観的には細川や白根のようなスラッガーに興味をひかれる。一度は1軍を経験して実績も上げている。細川の活躍は目に焼き付いている。今年のファーム成績は悪いようだが、そんなもの当てにはならない。こういう選手の起用は状況を打開してくれる可能性があると思うのだが、現在置かれている状況では、実績のあるベテラン選手に頼らざるを得ないのだろう。確かに窮地においてはベテランの力は必要だがそれだけでは無理だと思う。はっきり言ってこのままでは態勢を持ち直すことは出来ないだろう。


励みになります。投票
お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

最近の記事