好調を持続する楠本と佐野

正に士気が高まる勝ち方だ。やはり楠本、佐野の調子はいい。このまま当分は維持されるだろう。何がいいって打席でどっしりしている。かといって好球必打で積極的に打ちに行っている。そして球の芯を捉えている。梶谷や倉本などそこそこ良くなってきているがまだむらがある。現時点では彼らの方が一枚上手であろう。楠本はレギュラーに定着したが、佐野も外野に起用するとどうなのだろう。やはり、守備力で梶谷か桑原が必要なのだろうが、代打に甘んじているのが惜しい。昨日の激突の影響かソトが欠場していた。しかし柴田が守っていると安心感もだが、横の動きや併殺プレイの機敏さで1試合1~2個ヒットを防いでくれている。打撃の方でも好調さがみられるので、ソトが出られなくても戦力ダウンにはならないだろう。この中日戦で併殺を狙って1塁セーフのケースが多々見られた。せめてソトにはもう少し機敏な動きと、強いスローイングを望む。投手陣はほぼ期待通りの働きをしている。問題は捕手のリード。やはり伊藤と戸柱では違いがあるようである。戸柱は当分は代打に専念すべきだろう。伊藤の補佐は嶺井でいいだろう。なんとか2勝1敗で乗り切ったがまだまだ安定感のある勝ち方は出来ていない。一つは宮崎、ロペスの不調もあるが、盗塁やエンドランなど足を絡める野球も必要だと思う。9安打で3点とは効率が悪い。楠本、梶谷は俊足なのだから積極的に盗塁を狙っても良いと思う。





励みになります。投票
お願いしますたい!↓



この記事へのコメント

最近の記事