連勝を止めてしまった理解不能な選手起用

今日の試合の重要性を理解していたのかと思う。3連覇している広島はこのまま低迷しているはずはない。だからこそチーム力が低下している今が叩くチャンスであった。しかし先発は京山。最後のチャンスであったと思うが、それにしてもその代価は大きかった。これまで結果を残せず試合の前半で降板している。期待の投手であることは間違いない。しかし、4連勝がかかっていて、今なら叩ける対戦相手なら全力で立ち向かうべきだろう。先発さえしっかりしていれば勝てた試合だった。なぜ、平良を準備できなかったのか非常に残念である。何か理由があったとしても、それならそれで作戦も組めたはずだ。例えば京山を早めに切り上げて国吉、三島のロングリリーフを敢行して6~7回まで抑えてクローザーに繋ぐということも出来たはずだ。ところが京山に未練を持ち過ぎて無用な3点目を与えてしまった。それとなぜ国吉らを飛び越えて実績のない濱矢を先に起用したのか。打線の起用もおかしかった。まず、ソトをレギュラーで起用することに異存はないが、ライトの守備はやめて欲しい。もう、セカンドに固定したと思っていたのにまだそうではなかった。今日も無死満塁でのライト線二塁打で走者一掃にしてしまっている。これでは彼がいくら打っても採算が取れない。中井をセカンドで使いたいのは分かるが、ソトをライトで使うリスクを考えれば中井を諦めるしかないだろう。それと昨夜のオーダーで理想とする攻撃パターンがみえたのだから、敢えてそれを変える必要は無かった。上手くいっている時にいじくって墓穴を掘ってしまった感が否めない。逆に投手の起用では上手くいってない所を適切に手当てせずに傷口を広げてしまった。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事