まともな采配による当然の勝利

不調の広島相手に2勝1敗、本来なら3連勝していてもおかしくなかったと思う。この取りこぼしは選手起用の拙さによるものだろう。京山への誤った信頼、データを重視するあまり調子の戻りつつある楠本を軽視して中井を起用した事。目の前にある試合を勝つことが何よりも優先されると考えれば、信頼度を失った投手を先発させたり、奇をてらって打線をいじったりすることは決してやってはいけないことだった。今ここで使われなくても、彼らにはこの先いくらでも活躍の場は訪れるはずである。
この試合は2番に楠本、ソトをセカンドに戻してまともな姿になった。ただし、筒香は欠場し大和、伊藤光も休養となった。しかし、それでも代わりに佐野、倉本、嶺井が起用されるのをみると決して戦力が落ちるようには見えない。そこに今年の横浜の強さがある。そして注目していた佐野、楠本は期待通り長打を放ち打線に活気をもたらした。嶺井も久しぶりに出場したにもかかわらず貴重な追加点となるタイムリーを打った。ただ、記録にはなってないがパスボールまがいの後逸を連発したのは、伊藤光に比べて劣っているとみられるので頑張って欲しい。先発井納は自分の仕事を果たし、つつがなく勝ち投手になった。今回は6回までと徐々にイニング数を伸ばしている。そしてパットン、三島、山崎康が後を締めてくれた。特に、7回、一死二三塁の厳しい状況で登板したパットンは直球に切れがあり、會澤、安部をスライダーで連続三振に取った。もう、自信を取り戻したと見て取れる。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事