基本に忠実な野球による連敗脱出

ついに勝った。試合を観戦していて今日の横浜はこれまでとは一味違うようにみえた。石川が出場することは予想できなかったが、大和、石川という経験豊かな選手が1、2番を組むと野球の質が変わる。この連敗中みなかったはずのエンドランもあっさりと決め、先取点の足掛かりを作った。逆転されてからの同点打、逆転打もこの二人によるものだった。石川のライトへ引っ張った本塁打は久しぶりにみたが、まだまだやれるんだぞと存在感を十分にアピールした。
それに引き換え、主軸のバッターはまったく役割を果たさなかった。筒香、ソトは余りにも力み過ぎている。自分が決めてやろうという意識が強いからだろう。あれでは芯でとらえることは出来ない。ロペス、宮崎は頭では捉えていても体が伴っていない。頭の固い監督はロペス、宮崎を外さずまだ彼らの復活を信じている。その内には打ち出すだろうが、見立てが甘いとしか思えない。もっと有効に試合を進めるためには、佐野、楠本、神里などの伸び盛りをどんどん使うべきだろう。なかなかチームの活性化は進まないが、少なくとも守備を固めたことは事態を好転させた。ただし、本当に守備を固める意識があったのかは定かではないが。結局、連敗から脱出できたのは守備を犠牲にした強打の野球ではなく、攻走守の揃った基本に忠実な野球だった。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓


最近の記事