原動力になっている宮崎とソト

昨日は残念ながら雨天中止になってしまった。午後2時の時点で埼玉エリアでは雨は止んでいたので、もしかするとやれるのではと一分の期待をしていたが流れた。主催が読売だから仕方がないのだが、横浜にとってはどうしてもやりたい試合であった。今の横浜の状況は割と楽に点の取れる打線の調子の良さと、先発投手の生きの良さが噛み合っているからである。去年8月頃、宮崎が2番を打ちだした。それはどうしても受け入れられずにブログを停止した。本来、上位は足の速い打者を置くべきだと思っているからだ。その考えは今も変わっていない。しかし現在の宮崎やソトをみていると、その考え方を変えさせるほどのものを感じる。単に打撃の調子が良いだけではなく、ランナーを進める打ちかただったり、ランナーになれば何とか先の塁を取ろうする意気込みである。それが鈍足の彼らが上位にいてもおかしく思わない理由だ。彼らの勢いは筒香、ロペスにもいい影響を与えている。いわば、宮崎、ソトがチームの原動力になっているのだ。この流れを大事にしたい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓


最近の記事