歴代監督の犯した罪

西武戦を終えて思うのは、チーム力に雲泥の差があったことを痛感した。なぜここまで違いが出ているのかと考えると、チームの構成が監督の考え方に左右されているからだということだ。打力はほぼ同等だろう。むしろ打力ぐらいは上回って欲しかった。走力は著しく劣っている。西武にはレギュラーに俊足打者が5人いて、チームとして走力を重要視している。横浜には走れる選手はレギュラーに1人しかいない。7日の試合で7回一死、一塁ランナー秋山は外崎のレフト線2塁打で一気に生還する。8回、二死二塁、代走木村は秋山のライト前ヒットを浅い守りで処理したソトの返球にも拘らず本塁突入し生還する。8日の試合でも初回、源田、外崎の連続盗塁と中村のタイムリー、9日にも4回一死から外崎が盗塁し、中村のタイムリーを呼んでいる。横浜では考えられないスリリングで効率的なプレイが当たり前のように目の前で展開している。これに付け加えて守備も内外野ともに鉄壁だし、強肩が揃っている。シーズンを通して考えれば、今の横浜では到底勝ち越すことはできないだろう。
なぜこれだけの差がついているのだろうか。現在の問題は選手起用の優先一位は打力であることがおかしなことを引き起こしている。ビッグ4と呼ばれる打力に特化した主力はチームの中心になっているし、誰もがそれを価値基準の上位に置いている。ここが問題だと思っている人はいるが、強く非難することはしない。私は西武のようなチーム構成は一つの理想形だと思っている。一塁、三塁に主力打者、それ以外は内野、外野ともに強肩俊足の好打者が揃っている。横浜に当て嵌めてみるとどうだろうか。残念ながらそのようにはなっていない。別に西武を模倣しろとは思わないが、チーム力を高めていけば自ずからそのようになるのは必然である。しかし、前代の監督であった中畑の時代からチームの構成がねじ曲がってしまった。チーム編成が素質のある選手を集めても適材適所に使われずに、筒香、梶谷、桑原のように打力を生かして安易に外野にコンバートするという稚拙なミスを犯した。それで内外野のバランスは崩れてしまった。もし、梶谷がショートで筒香がサードで残っていたらと思うと本当に惜しいことをしている。さらに、ラミレスになって修正されるどころか、打力を偏重する傾向はさらに強まった。その結果、守備力、走力の無いいびつなチームになってしまった。これを現在の戦力を考慮しながら適正な形に修正するならば、まず4人の主力は2人に絞って一塁、三塁に限定する。二遊間の大和、柴田は守備力はあるが打力、走力がもの足りない。したがって補強が必要だが、ドラフト、トレード或いは外野から桑原、乙坂などをコンバートすることも考える必要がある。ここ数年二塁手の不作が続いているが、本気で考えているようには思えない。西武は浅村の抜けた穴を外野手の外崎のコンバートで補って成功させた。外野陣は筒香、ソトを外し梶谷、神里、楠本、細川らで守備力を高める。勿論、打力も大切だが守備力を徹底的に鍛え上げれば見違える外野守備がみられるはずである。チーム事情に正面から向き合わずに、行き当たりばったりに打力に偏重した構成のチームにしてしまった監督の責任は重い。それに踊らされた選手の貴重な年月は戻らない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓


最近の記事