ようやく報われた楠本の一打

見事に鬱憤を晴らした一戦だった。西武は相変わらず1~3番が出塁しては盗塁を企て、それを伊藤光が全く阻止できずに二塁を与えていた。一体、伊藤の肩はどうなっているのか。西武の各打者の盗塁が上手いからどうしようもないのか。それにしてもまともに送球がコントロールできないのは致命的である。折角いいリードをしていてもこれでは捕手失格だ。まずは、伊藤はスローイングを何とかしなければならない。結局、4、5番が走者を還すというパターンで効率的に得点している。
ストレスが溜まる戦いを続けながら、途中出場した乙坂の活躍で得点を奪い何とか食い下がっていた。その中にも神里のバント失敗や走塁死などの行為は、畳みかける勢いに水を差した。走力のないチームにとって不確実な行為はあってはならないことであり、懲罰交代されたのは当然のことである。8回ついに鬱憤を晴らす時が来た。二死一二塁から乙坂の気迫が高いバウンドの内野安打を生んだ。満塁でいやがおうにも機運が高まったところで、代打楠本が登場する。打席で楠本は良く粘った。追い込まれてから、空振りしてもおかしくない低めの直球やフォークを辛うじてファウルにした。そして7球目、151kの直球を無理に引っ張らずにレフトに流した。しかし、ヘッドの利いたスウィングから弾け飛んだ打球はスタンドを越えた。実は7回のソトの代打の場面でラミレスが坪井コーチに楠本を打診して後に残したと聞く。楠本は試合前に坪井コーチに相談しヘッドを利かしたスウィングを心掛けるようにアドバイスをもらっていた。本人も嬉しいが、コーチも教えた甲斐があったろう。
この日は楠本の活躍と目立たないが陰の立役者であった乙坂の活躍が勝利に導いた。いっそのこと、当分は筒香をDHにおいて調子の上がっている乙坂、桑原、楠本の三人で外野を固めてみてもいいと思う。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓






最近の記事