気持ち悪い勝利

主力打者が打ちまくったワンサイドゲームに水を差す気はないが、どうしても言いたくなってしまう。結局、前半の6点まではすべて本塁打によるものであり、その間に繰り広げられた無死二三塁や一死二塁のチャンスはまっとうな攻撃が出来ずにみすみす逃している。こういう所をしっかり取らないと勝てる試合を落とすことになる。そして主力のド派手な一発により、いい働きをしていた楠本は影を薄くしてしまった。そして最後まで出場が許されず、守備固めと称して早々と6回に降ろされてしまった。こういうところの起用の基準がどう考えてもおかしい。調子の良かった楠本はその俊足がゆえに試合の流れを考えれば外せない選手だったはずだ。しかし、性懲りもなく2番にソトを起用し、おまけに3番にロペスを入れて本塁打以外では得点しにくい打線を形成する監督だ。期待するだけ無駄なことである。交流戦で善戦したのは主力が打てない中、2番に入れた乙坂あるいは桑原などの上位と、下位が良く働いたからであった。その貢献を無視して、このようなただ打つだけの短絡的な打線を組んでしまうのはどうなのかと思う。試合の後半、打線が粘りいい感じで得点を上げているが、敗戦処理的な投手相手では当然のことである。前半の必要な時に取れなければ意味はない。休み明け、疲れが取れて元気になり打ち出すだろうとは予測できたが、だからといってこの調子を維持していくとはどうしても思えない。むしろ、うって変わって貧打を呈する可能性の方が高い。しかし、味を占めたラミレスは当然、この布陣で突き進むだろう。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事