納得できない筒香の扱い

見事な逆転勝利であった。いかにも横浜らしい一発の力によるものだった。先発上茶谷の投球は悪くなかったが、イニングの先頭打者に打たれたのは拙かった。これを繰り返し球数が増えてしまった。それでも後を継いだ投手が良く抑えてくれたので、流れを渡さずに済んだ。打線は相変わらず上手くいっているとは思えない。昨日、草案したオーダーだったとしたらどうなっていたか。1、2番に乙坂、細川、中軸に佐野、ロペス、宮崎、ソトであったらもっと得点は増えていただろうと思うのだが。筒香は表面的には一定の成果を上げている。しかし、4番の役割は担っていない。細かく言えば、初回、二死二塁で凡退、5回、一死三塁で犠飛だが、ここはさらに得点を増やすような打撃を期待する場面だろう。9回、ここまでヒットが無いのを帳尻合わせしている。言いたいことは筒香の扱いだ。何かラミレスは筒香に忖度しているように思えてならない。
横浜の将来を危惧する訳ではないが、本来使われるべき才能ある乙坂、楠本があまり出場機会を与えられないことは不幸なことである。どうしても筒香が悪者にみえてしまうのだがそれはお門違いだ。ラミレスが最終判断していることだから、選手に責任はない。しかし、少なくとも選手の起用に関しては我々ファンも納得できるような明瞭な指標のようなものを示すべきだと思う。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事