止められないラミレスの迷采配

オールスター明け久々のブログである。試合の方は先発井納の不出来が原因で、ほぼ敗戦を確定してしまった。それでも3回のラッキーな繋がりにより3点を返し、反撃の体裁は保っていた。しかし、勘違いした打線はいつも通りの拙い攻めを繰り返すだけで追いつくことは出来なかった。
筒香が2番に入ったオーダーは特に何も感じない。マスコミが大げさに騒ぎ立てているが、そんなことに惑わされてはいけない。要は4番としてその責任を果たせないから外されただけである。未だに日本の4番と祀り上げているファンを納得させるために、読売坂本のような強打者2番説を引き合いにして胡麻化している。しかし、勘違いして欲しくないのは、筒香には走力が無いことである。出塁率がいいからと言って一塁に出塁しても、その先どうにもならない。盗塁はできないし、安打で一気に三塁を狙うこともできない。送りバントで二塁に送っても次の安打で本塁に還れる確率は低い。動きづらいものを本塁まで持ってくるのはなかなか難しいと思う。苦労して打線を組んだのだろうが効果はでないだろう。ラミレスは走れない主力打者4人の打つだけの打線をどんなことがあっても守り通す気でいるようである。当分はこの状態が続くのだろうが、そのために生かされるべき戦力である、乙坂、関根、楠本などが使われずに萎れていかないか心配である。早く真っ当な走攻守の揃ったチームが見てみたい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事