違いを感じるバッター伊藤裕季也

新しいタイプのヒーロー誕生を予感させるいい試合だった。伊藤裕、まだどうなるか分からないが、とても興味を惹かれる選手だ。一つ思うのはフリースィンガーであり、好きなように打つタイプなのかもしれない。それはそれでいいのかもしれないが、チームバッティングは必要だろう。しかし、その精悍な風貌は神里のような正当派とは異なり、一種ヒール的な要素が伺える。横浜にはそういう選手はいないので、その個性は大事にして欲しい。横浜の選手はみんな優しすぎるイメージがある。デッドボールに当たっても、睨みつけることもしないし罵声を上げることなど決してない。余りにもおとなしすぎるのではと物足りなさを感じる程である。ヒーローインタビューでの決まりきったような言い回し、相手チームを刺激しないように自分を出さない選手ばかりである。そういった中で、かつての中村紀洋のような存在感を感じる選手がいてもいいと思う。感想文になってしまったが、少なくとも横浜は良い選手を見つけてきたことは確かなことである。
試合は土壇場でひっくり返して見事サヨナラ勝ちを収めた。冷静に考えればとんでもなく凄いことをやっているのだ。こういう刺激的な試合を毎日のようにみせてくれる横浜の勢いは留まることを知らない。的確な選手起用でこの状況を作ったラミレスは本当によくやっている。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事