度を越したラミレス独裁の結末

最悪の試合だった。これまでのラミレスの良い所がすべて帳消しになるような酷い采配だった。言うまでもなく6回、東の降板の意味。なぜだか全く理解不能である。東は直球の威力が相当あり、チェンジアップ共に好投していた。山田も問題なく抑えていたのだが、二死を取りいきなり降板させられた。結果論とかではなく、こういうあり得ないことをしてしまえば、流れは相手側にいくのは当然のことである。ここで同点にされたことがヤクルトに勢いをもたらした。それと同時にチーム内にもなぜだという疑問が湧いてしまった感がある。そんな状態では勝負に集中できるわけがない。しかし、エスコバー、三島の力投により7、8回を無失点に抑えたことで、打線は再び活力を与えられた。そして9回の攻撃に繋がるのだが、ヤクルトの勢いは消えてはいなかった。その裏、山崎を投入するも気力十分のバレンティン、雄平、村上に木っ端みじんに打ち砕かれた。起こるべくして起こった逆転劇であり別に驚きもない。むしろ、不謹慎だがいい様だと述べたい。ラミレスという人物はほとほと分かりやすい性格である。悪質なギャンブラーなのだ。調子が出てくると歯止めが利かずに動いてくる。引き際を冷静に判断できないのだ。この日のオーダーからそのモードに入っており自分色を出していた。3番に伊藤裕を起用したのは分からなくもないが、ロペスを休ませたタイミングではすべきではなかった。その結果6番以降が貧弱になってしまった。戸柱は6番を打てる打力はない。それでも攻撃の策は良く機能した。というより選手が良く働いたというべきだろう。4回1点取って一死一三塁、東は2-2からバントの構えで揺さぶりをかけ見事に四球を勝ち取った。そして神里は中間守備から叩きつけるショートゴロを放ち併殺崩れを成し遂げ1点を取った。9回には嶺井、神里連打での一三塁、神里の盗塁、乙坂が粘っての3-2からの一塁ゴロゴーの1点と野選による一三塁。さらに筒香の技ありのレフト方向への軽打での1点と横浜らしからぬ攻撃をみせる程攻撃は充実していた。
ラミレスは投手起用に関する勘に頼った采配は慎むべきである。そして調子の良さにのって決定力を増した投手部門の采配は、シーズン当初の三浦コーチの意見を重視する方向に戻すべきである。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓








最近の記事