投手運用失敗による3連敗

ついに3連敗となってしまった。良い戦いはしているが、事実は事実として捉えなければならない。打線は良く機能している。序盤に5点取り盤石に試合を進められた。ところが先発上茶谷は4回に突如打たれだした。どこが悪いのか分からないが、とにかく集中打を喰らって崩れた。確かにまだ回が浅いこともあったが、その投手を放っておいたのはどうかと思う。どうもこのところ投手の見極めが悪い。昨日は早い交代を非難したが、今度は交代が遅いのである。このところの敗因は、投手交代のタイミングの悪さだと断定する。前に記述したが、力投型の投手の調子が落ちているように思う。上茶谷、今永と生命線の低めの直球の切れが悪くなっている。彼らはこれまでチームを引っ張ってきたエースだが、これといった休養もなく働き詰めであった。ここらでローテを一回飛ばすぐらいの休養を与える必要があるのかもしれない。二人一緒には無理だが、時期をずらして与えればいいだろう。抜けた穴は井納がしっかりと埋めてくれるはずだ。ローテを守る石田、濱口、東、平良、大貫には一層頑張ってもらわなければならない。現状、投打は噛み合っている。ただ、打撃陣が補いきれないほど投手陣が打ち込まれているのだ。だから悲観することはない。修正点は明らかなのである。投手がクオリティスタートの投球をすればいいのだ。しかし、もしこのような状態が長引くとチームの士気が落ちてくるだろう。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事