張り詰めた戦いを守りきった今永の力

薄氷を踏むような難しい勝利だった。正に投打が噛み合った、打てないときに投手が頑張るを表現した。私の予想では今永は5~6回がいい所だろうと踏んでいたが、何と完投してしまった。いきなりの初回、一死三塁を作られたが、直球の威力で鈴木、松山を抑えたのは後の投球に弾みをつけた。6回を終えて101球、そろそろ交代かと思ったが続投を選んだ。7回に代打ロペスの本塁打が飛び出しリードを奪い、今永に打順が回ったところで交代の機会はあったがここもスルーした。この時点で116球投げている。8回は上位打線に回る難しい状況を受け入れた。西川には切れのある直球を6球続けて投げたが、しつこく粘られ最後はスライダーで打ち取った。126球、さすがにここで降板して山崎に託すと思ったが9回も登板した。今永はクリーンアップに対し最後まで威力の衰えない直球で立ち向かい、相乗効果の高いチェンジアップにより抑え切った。140球、久々に気力、体力共に充実している今永をみることが出来た。
打線はソトが内角攻めに遭い、自分を見失っているのが心配だ。しかし、全体的には概ね好調を維持しているようなので、周りがソトをカバーできるだろう。伊藤裕は守備のストレスから自由奔放さを失いかけている。積極的なミスは大目に見る寛容さが必要ではないか。それだけの魅力を感じる選手である。戸柱は使うごとに良くなっている。守備の面でも安定感が出てきたようである。油断せずにこの調子を続けて欲しい。
苦手の阪神にあたるが、甲子園ではないことは精神的に大きい。それでも強烈な応援は変わらないだろうが、一戦一戦を確実に勝ち進んでいくしかない。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓


この記事へのコメント

  • ベイツ

    ラミレス采配で今日のタイガース戦負けたも同然、8番にピッチャーおくからヒット3本出ても点が入らない…
    安易な申告敬遠で満塁になり、濱口が制球を乱す…
    ラミレスにもの申すコーチはいないんでしょうかね。
    ラミレスは今年で辞めて頂きたい。
    2019年08月20日 20:22

最近の記事