難しい試合を勝利した充実している気力

難しい試合を勝利に結びつけた。ヤクルトの先発小川は直球が素晴らしく付け入る隙を与えなかった。横浜は左バッターばかり7人揃え序盤から押したが、肝心な所で決定打が出なかった。やはり量はあっても質が伴わなければ意味はない。ヤクルトには4回、6回に山田の出塁を許し、いずれも井納がフォークを投げるタイミングで盗塁された。結果として得点に繋がっているが、球種を読まれるようなリードになってしまっていることが問題だ。横浜はようやく6回に現在の主軸佐野、梶谷が出塁し足掛かりを作った。二三塁からの柴田の一打は実力通りの打撃であった。決して大振りせずにシュアな振りに徹する、それができているときの柴田は怖い。これで同点にし、7回にも梶谷が二死一二塁に左の坂本のスライダーを打ち、一二塁間を破るタイムリーで逆転する。8回には柴田がこの試合3本目の安打を右中間に放ち、ブレーキになっていた神里のようやくのタイムリーでダメ押し点を得た。
この試合を纏めてくれたのは投手陣に他ならない。先発井納は味方に足を引っ張られながら冷静さを保ち、要所を抑えて最少失点で切り抜けた。頼りになる存在になってきたと思う。石田は6回、井納を継いだ後、7回を回跨ぎした。一死満塁の大ピンチを作ってしまうが、渾身の外角スライダーで青木を投ゴロ併殺に打ち取った。ここで打たれていたら勝ちはなかっただろう。石田はこの先、先発、中継ぎの両刀使いでやっていくのだろうか。中継ぎからの先発転向という経験は役立つだろうが、もともと彼はそういう使われ方に適しているのかもしれない。8、9回は国吉、エスコバー、山崎が安心してみていられる投球で試合を締めくくった。
前回の衝撃的な3連敗の痛みを取り返すことが出来たのは痛快だ。これから広島戦に向かうが、この数試合1、2番がまったく機能していないのは問題だ。そろそろ、筒香の2番も含めて根本的に変える必要があるのではないか。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

この記事へのコメント

  • タロウ

    ユキヤを下げて、倉本とは、、、ラミレスも調子に乗ってる?まさかユキヤ怪我?
    2019年08月30日 17:38

最近の記事