勝つ気力を失った試合

甚だ腹立たしい試合だった。さすがに放送は最後まで見られなかった。先発大貫は言うに及ばず、何でこんなに酷い投手が先発なのか分からなかった。毎回出塁を許したピッチングは3回につかまった。しかし、つかまる前に諦めることは出来なかったのか。良くなる見通しもなく2巡目にあたれば、ほぼ打たれることは目に見えていた。あとを継いだ平田がそれなりに好投した事を思えば、早めの判断が出来なかったことは悔やまれる。まして、メンタルの弱い平田にいきなり修羅場の一死二三塁を任せ、さらには申告敬遠で満塁の逃げ場のない状況を作ったのは余りにも酷かった。押し出しをするだろうことは見なくても分かった。本当に投手の扱い方が下手な監督だ。投手コーチはただ見守るだけになってしまっているのだろう。
打線に目を移せば、打者そのものは悪くはないのだが起用が悪い。前の試合は筒香の劇的なサヨナラホーマーで勝ったが、裏を返せば、7点のうち6点は本塁打であり打線の繋がりはあまり見られなかった。特に下位打線にはそれが期待できるのだが、左打者が4人並び、阪神の強い左のリリーフの島本、岩崎に封じられた。この試合でも同じことが起こっていた。すなわち、5回に2点取り反撃の機運が高まってきた6回は二死から島本、7回は能見に抑えられた。これは少なからず左打者ばかり並べた結果だと思う。
シーズンも終わりに近い各チームの勢いの強さの差が際立つ情勢の中で、こんなにも阪神戦には苦戦している。その状況を作っているのはラミレスの采配そのものである気がしてならない。もう少し真っ当な選手起用をして欲しい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事