厳しい戦いにどう立ち向かう

一体どうなっているのか。このところ、明らかにおかしい試合が続いている。出てくる先発投手がことごとく打ち崩されていて、これでは試合にならない。投手の交代時期については問題はないだろう。十分に休養を取って調整してきている投手を出来るだけ長く投げさせることに異存はない。しかし、いいときの状態を維持できていない投手がここにきて増えている。それでもローテから外すことはできないだろう。投手陣の崩壊とまではいかないが、それに近い状況になっている。したがって試合を勝つには打線が援護するしかないのだろう。その打線だが、どうもうまくいってない。上位を打つソト、ロペスは時に爆発するが、明らかに調子を落としている。逆に、中井、梶谷、細川が調子を上げているので彼らを上位に上げ、ソト、ロペスを下位に下げたらどうかと思う。それとソトのライトはもう辞めるべきだ。いつまで目をつぶらなければならないのか、いい加減、守備の大切さを認識して欲しい。中井はサードで使い、筒香をレフトに回す。佐野は臨機応変に使えばいいだろう。横浜打線のいいところは使いたい選手が内外野どちらでも入れ替えが可能なところである。ショート、キャッチャーを除いては。
厳しい戦いが続くが、今が一番大変な時期かもしれない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓


最近の記事