泥沼の3連敗だが希望もある

酷い試合が続いている。まず間違いなく今日も同じ結果となろう。もしかしたら齋藤が好投してくれると思っていたら間違いであろう。野球はそんなに甘くはない。
筒香のサヨナラ本塁打で勝った試合から勝ちが無い。私は誰もが驚喜したそんな試合でもラミレス采配を批判した。それは打線の構成についてであったが、翌日の試合は9安打しながら集中打がなかったために2点しか取れず、大貫の不始末を補うことは出来なかった。その次の日も8安打と7四死球がありながら4点と効率的な打撃がみられず、平良の不出来と相まって逆転は見られなかった。そして昨日、さすがに連敗すれば勢いを失い、6安打しかできずに3点であった。この間、一貫してソト、ロペスを2、3番で使い続けている。確かに一発を打ってはいるが、打率そのものが悪い。出塁率の悪い打者を上位に置いておく意味はあるのか。それよりも調子を上げている梶谷、細川、中井などを上位にすべきだと思っている。ただやみくもに右投手だから左打者を並べたりその逆だったりするのでなく、どちらへも対処できるようにジグザグ打線を組むべきである。こういう対応をやってこなかったことが現在の状況を反映している。もちろん、先発投手陣の不出来もあるが、もう少し上手い火消しの仕方もあったのではないか。平田や藤岡は緊急事態に出てくる投手ではない。例えば、三島や国吉など三振のとれる投手の投入があっても良かったと思う。試合が決まってしまった終盤に出すよりはましな起用法だったろう。
この3連敗の敗因は先発投手の不出来だが、その後を継いだリリーフ投手が上手く機能しなかったのも大きい。つまりは起用した投手の見極めが悪かったということだ。打線の構成も悪く上手く機能せずにチームを勝利に持ってくることが出来なかった。そんな中にもチームには明るさがあると聞く。勝ちに対する執念がまだ失われていないことを期待する。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事