打線に勢いを取り戻させた乙坂の働き

久しぶりに気持ちのいい試合だった。ようやく繋がりのある打線の勢いがみられた。3回の攻撃はまさにそれで、試合の大勢を決めたに等しいものだった。その立役者は乙坂。無死二塁、一打席目にヒットが出ているので強攻策に出てもおかしくなかった。そこで意表を突くバント。しかも絶妙に三塁線に転がした。これで無死一三塁にお膳立てしたのは意味があった。佐野が自由に打てる場面を作ったことだが、その佐野もしっかりと期待に応えた。しかも、乙坂は筒香の浅めのライトフライに本塁突入しヘッドスライディングでタッチをかいくぐった。まさに、泥で汚れた姿は勢いの象徴であった。しかし、読売も諦めなかった。6回に井納を継いだ三島を攻める。いきなり岡本に二塁打を打たれるが、何とか後続を打ち取り二死一三塁とした。ここで投手交代はまたしてもラミレスの独断だったのだろう。三島もいぶかしげだったが、理解できない交代だったといえよう。大事を取ってという考えのようだが、三島の感情を無視しているし、後を継いだ砂田もファームから上がってきたばかりで状態が分からない。必要のないリスクを負って、自ら墓穴を掘ってしまった。緊急登板の藤岡が奇跡的に大事になるのを食い止めてくれた。その後はエスコバーの力投で読売に行きそうだった勢いを引き留めたのは大きかった。打線も梶谷、ソトのそれぞれの2ランでとどめを刺した。
ようやく、いい流れを1番に抜擢された乙坂が作り上げた。自身も3安打と調子の良さをアピールしたが、特に左の高木から打てたことは大きい。次の試合の先発は左の高橋であるが、出来る限りこの打線の構成は崩して欲しくない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事