左投手対策は必要ない

典型的な負け試合だ。先発が早々と崩壊し、リリーフも堪えきれずに打ち込まれる。その間、打線の援護は単発の1点のみではどうしようもない。ようやく5回に5点差でありながら、一二塁を着実に進める乙坂のバントにより攻撃の流れが良くなった。2点を奪いさらに満塁にして代打梶谷が打っていたら試合は分からなくなっていた。こういう流れを良くするプレイが横浜には必要である。他には特に内容について論じる気はしない。最近よく思うのだが、左投手との対戦に打線は本当に機能しているか疑問に感じる。不調の神里、桑原に代わり中井が1番を任されるケースが多くなっている。しかしこれでいいのか、1番打者はチームを引っ張る機動力の象徴であり、長く安定した活躍を望まれるポジションだ。したがって無理をしてでも外して欲しくない。特に神里は左投手が打てなくなっているが、だからといって外せば余計打てなくなる。実戦の中で経験を積むことで打開していくしかないのではと思う。今は宮崎、伊藤光も戻ってきて右打者は充実してきたのだから、ある程度は打てなくても許容できるはずである。とにかく横浜の1番は神里か桑原しかないと確信している。そしてそれをフォローするのが2番に乙坂を置くことだろう。先のことは分からないが、このところの渋い活躍は無視することは出来ない程、野球センスの良さを感じる。彼がいることで打線が繋がり得点が増えている。いわば潤滑剤のような役割を担っている。神里、桑原、乙坂、細川こういう外野手たちが攻守走に活躍する横浜の姿を早く見たいものだ。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事