逆境に強い桑原に期待する

神里、細川がファームに落ちた。代わりに桑原、伊藤裕を上げた。これはラミレスの最後の賭けなのかもしれない。宮崎、伊藤光が戻ってきて中軸、下位の打線は固まってきた。残るは1番をどうするのかというのが最大の課題である。問題は左投手に対応できる打者が必要なのである。梶谷という選択肢もあるが、外角を攻められると弱さを露呈している。そこで桑原の登場だ。今シーズンは開幕から調子が悪く、さらに神里、楠本の台頭で出番が減った。ようやく調子を取り戻してもレギュラーとして扱われず、少しでも打てないと外された。結局、信頼を得ることは出来ずにファームに落ちた。しかし、彼の本領は逆況に強いところである。今、まさに彼が必要な時だと思っている。何を寝言を言ってるんだと思うかもしれないが、私はそのロマンを信じたい。伊藤裕は右の代打としての起用を期待する。ソトをライトで使うときの草野球的な危険性を考えれば、あくまでもセカンドの守備は伴うことはない。
優勝を諦めてはいけない。諦めればすべてを失うことになる。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事