ようやく光明が見えた打線

この勝利は大変意味のあるものだ。苦手とする石川を攻略できただけではなく、これまで苦労してきた左腕投手も含めて、ようやく納得のいく打線がこの期に及んでできあがったのかもしれない。言うまでもなく、その立役者は桑原である。放った3本の安打はいずれも今一つ華々しいものではないが、何とかしなければならない今の心情を反映している泥くさい気迫のある一打であった。3回無死一塁からの三遊間の当たりは、粘ったからこそのラン&ヒットが生み出したヒットであった。すべての出塁が桑原自身の得点には結びついてはいないが、打線を活性化させるのに十分な役割を果たした。すべての打者が大なり小なり活躍しているのは桑原効果の表れと思いたい。6回はまさにビッグイニングとなった。宮崎が繋ぎに徹して二塁打を放ち、満塁で代打伊藤裕が出たことで投手が右に代わったことが代打の代打佐野のタイムリーを呼び込んだ。大和も犠飛で加点し、梶谷のライト強襲の当たりで再び二三塁とする。ここでソトが一発を狙わずにヒットを打つことに集中したことがうれしい。
先発上茶谷は不安定で、いつ崩れてもおかしくない状態だった。持ち前のコントロールは無く、変化球はほとんど使えなかった。それでも唯一直球の切れは素晴らしく、首一枚ぎりぎりで繋がっていた。5回を投げて102球毎回ランナーを出す綱渡りのピッチングだったが、これで勝てたことは自信となったはずであり次回に期待を抱かせる。
ここにきて打線が上向いてきたと思う。今日から中日戦となるが、先発山井に対しても打線の構成を変えて欲しくない。折角、一筋の光明が見える打線を編み出したのだから、最後までそれを貫いてくれなければ困る。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事